1. HOME > 鋼構造の基礎 > 有効断面積比とは?1分でわかる意味、計算方法、降伏比、有効断面積との関係
スポンサーリンク

有効断面積比とは?1分でわかる意味、計算方法、降伏比、有効断面積との関係

有効断面積比(ゆうこうだんめんせきひ)とは、接合部の有効断面積と母材軸部の全断面積との比です。鉄骨部材の靭性を判断する指標です。今回は有効断面積比の意味、計算方法、降伏比、有効断面積との関係について説明します。降伏比、有効断面積の意味は、下記が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

断面積と有効断面積ってなに?ブレースの断面算定

有効断面積比とは?

有効断面積比とは、接合部の有効断面積を母材軸部の全断面積で除した値です。下式に示します。


α=Ae/Ag


αが有効断面積比、Aeが有効断面積、Agが全断面積です。有効断面積、断面積の意味は、下記が参考になります。

断面積とは?1分でわかる求め方、長方形と円の公式、単位、計算方法

断面積と有効断面積ってなに?ブレースの断面算定

有効断面積比の読み方

有効断面積比は、「ゆうこうだんめんせき」と読みます。関係用語の読み方は、下記です。


断面積 ⇒ だんめんせき

降伏比 ⇒ こうふくひ

有効断面積比の計算方法

有効断面積比を実際に計算します。下図をみてください。ボルトが5本配置される接合部です。母材はアングルでL-90x90x7、高力ボルトはM20です。断面積は12.22cm2とします。

有効断面積比の計算方法

接合部の有効断面積は、軸部の全断面積から「ボルト径」や無効となる「突出脚部分」の断面積を控除します。アングル材の有効断面積の考え方は、下記が参考になります。

断面積と有効断面積ってなに?ブレースの断面算定


よって有効断面積は、


Ae=12.22−2.2×0.7−0.25×9×0.7=9.105cm2


です。「2.2×0.7」は、ボルト径分の断面積です(cmに単位変換済み)。ボルトの呼び径がM20なので、ボルト径は22mmです。「0.25×9×0.7」は、突出脚の無効となる断面積です。下図をみてください。有効となる断面積を示します。

アングル材の有効となる断面積

上記より有効断面積比は、


α=9.105÷12.22=0.745


です。

有効断面積比と降伏比、有効断面積との関係

有効断面積比は、部材の靭性の有無を判断できます。さて、一度、有効断面積比の計算式を忘れてください。


鉄骨造の接合部は、母材が降伏するまで破断してはいけません。これを保有耐力接合といいます。接合部が破断するまで母材が降伏し、よく伸びることで地震力を吸収できるからです。保有耐力接合の意味は、下記が参考になります。

接合部の保有耐力接合と計算方法


接合部が破断するときの耐力をTu、母材が降伏するときの耐力をTyとします。上記の関係を計算式にすると、


Ty<Tu


です。上式を満足すれば、部材は靭性があるといえます。


TyとTuの計算式は、下記です。


Ty=Ag×σy

Tu=Ae×σu


Agは軸部の全断面積、σyは降伏強度、Aeは接合部の有効断面積、σuは破断強度です。前述の式にあてはめます。


σy/σu < Ag/Ae


です。「Ag/Ae」は有効断面積比、「σy/σu」は降伏比です。よって、降伏比より有効断面積比が上回っていれば、靭性があるといえます。

まとめ

今回は有効断面積比について説明しました。意味が理解頂けたと思います。有効断面積比は、有効断面積を全断面積で除した値です。有効断面積比の計算方法を理解しましょう。特に、アングル材やチャンネル材の有効断面積の計算方法は覚えてくださいね。下記の記事も参考になります。

断面積と有効断面積ってなに?ブレースの断面算定

断面積とは?1分でわかる求め方、長方形と円の公式、単位、計算方法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 有効断面積比とは?1分でわかる意味、計算方法、降伏比、有効断面積との関係