1. HOME > 構造計算の基礎 > mpaの読み方は?1分でわかる読み方、意味、kpa、mpa.s、GPaの読み方

mpaの読み方は?1分でわかる読み方、意味、kpa、mpa.s、GPaの読み方

mpaは「みりぱすかる」と読みます。似た用語で、Mpaがあります。これは「めがぱすかる」です。小文字と大文字で、読み方や意味が全く違うので注意してください。今回は、mpaの読み方、意味、kpa、mpa.s、Gpaの読み方の違いについて説明します。※pa、圧力の意味は下記の記事が参考になります。

paとは?1分でわかる単位の意味、si単位系、単位換算、計算

圧力と面積の関係は?1分でわかる圧力の意味、単位、荷重、面積との関係

mpaの読み方は?

mpaは、


みりぱすかる


と読みます。似た用語でMpaがあります。これは「めがぱすかる」です。読み方と意味が全く違うので注意してください。※paの意味は、下記の記事が参考になります。

paとは?1分でわかる単位の意味、si単位系、単位換算、計算

mpaの意味

mpaは、


10^−3 pa


を意味します。Paの10^−3倍した値です。少数で表すと、0.001paです。mpaに限らず、si単位系では、「m(みり)」は、10^−3のことです。※si単位系の意味は、下記の記事が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


Paはsi組立単位系で表すと、N/uのことです。建築では使わない記号ですが、単位換算ができるよう覚えてくださいね。Paの単位換算は、下記の記事が参考になります。

paとは?1分でわかる単位の意味、si単位系、単位換算、計算


よってmpaをsi組立単位系に変換すると、


0.001 N/u


です。建築で使う材料や、想定する力の大きさは、他の工業に比べて大きいです。よってmpaではなく、MpaやGpaを使うことが多いです。例えば、建築材料のヤング係数はGpaで表します。※ヤング係数の意味は、下記の記事が参考になります。

ヤング係数ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

mpaとMpaの読み方の違い

mpaとMpaの読み方の違いを下記に整理しました。


mpa ⇒ みりぱすかる。10^−3paのこと

Mpa ⇒ めがぱすかる。10^6paのこと


間違いやすいのが、mpaとMpaの違いです。Mpaはpaの10^6倍です。Mpaは、paの10^-3なので、少数となります。意味が全く異なるので、使い方に注意しましょう。


paの意味は、下記の記事も参考になります。

paとは?1分でわかる単位の意味、si単位系、単位換算、計算

mpa、kpa、mpa.s、GPaの読み方

mpaに関係する用語の読み方を、下記に整理しました。


Pa ⇒ ぱすかる

mpa ⇒ みりぱすかる

hpa ⇒ へくとぱすかる

kpa ⇒ きろぱすかる

Mpa ⇒ めがぱすかる

Gpa ⇒ ぎがぱすかる

mpa.s ⇒ みりぱすかるえす


ぱすかるの読み方は同じです。ただし、paの前につく記号の読み方に注意しましょう。

まとめ

今回はmpaの読み方について説明しました。意味が理解頂けたと思います。mpaは、みりぱすかると読みます。mとMで読み方が全く違う点に注意してください。建築の実務では、小文字や大文字の書き方に留意しませんが、論文など正式文章で書く際は気を付けます。また、paとsi単位系との関係、単位換算の方法も併せて参考にしてくださいね。

paとは?1分でわかる単位の意味、si単位系、単位換算、計算

圧力と面積の関係は?1分でわかる圧力の意味、単位、荷重、面積との関係

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > mpaの読み方は?1分でわかる読み方、意味、kpa、mpa.s、GPaの読み方