1. HOME > 構造計算の基礎 > paとは?1分でわかる単位の意味、si単位系、単位換算、計算

paとは?1分でわかる単位の意味、si単位系、単位換算、計算

paとは、圧力の単位です。si単位系の1つです(si組立単位系)。建築では使わない単位ですが、材料定数をmpaで表示する場合もあります。知っておくと、単位換算のとき便利です。今回はpaの意味、si単位系との関係、paの単位換算と計算について説明します。


なお、paは応力度と同じ単位です。応力度の意味、応力度の単位は、下記の記事が参考になります。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

応力の単位は?1分でわかる換算、種類、読み方、n、mpa、n/m の使い方

paとは?

Paは圧力の単位です。si単位系(si組立単位系)の1つです。


Paの組立単位系は、


N/u


です。


※si単位系とsi組立単位系の意味は、下記の記事が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


圧力とは、単位面積当たりの力です。物理ではよく使う記号ですが、建築ではpaを使わず、


N/mu

kN/u


で表します。※圧力の意味、面積との関係は、下記の記事が参考になります。

圧力と面積の関係は?1分でわかる圧力の意味、単位、荷重、面積との関係


なお、Paと同様の単位を使う用語が、


平米荷重

応力

応力度


です。平米荷重、応力、応力度の意味は、下記の記事が参考になります。

等分布荷重とは?集中荷重との違いや使い方について

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

Paとsi単位系

Paをsi組立単位系で表すと、


N/u


です。Nは力、uは面積を表します。よってPaは単位面積当たりの力を意味します。

paの単位換算と計算

下記の値をN/uの値に、単位換算しましょう。


10Pa


簡単ですね。Pa=N/uなので、


10Pa=10N/u


です。次は、下記の値をN/muに単位換算してください。


5Mpa


Mpaとは、Paの単位の10^6倍した値です。「めがぱすかる」と読みます。実は、上記の単位をN/muに換算しても、


5Mpa=5 N/mu


のままです。便利な単位換算なので、是非覚えてください。また、建築材料の材料定数は、Gpaで表示することがあります。Gpaは「ぎがぱすかる」と読みます。Paの10^9倍した値です。


例えば、鋼材のヤング係数は、205Gpaと表記します。では、鋼材のヤング係数を、N/muに変換してください。


答えは、


205Gpa=2.05x10^5N/mu


です。前述したように、建築ではPaという単位を使うことが少ないです。ただ、材料の物性を表すとき、Paが使われるので、N/muとの単位換算は覚えてくださいね。


単位換算の方法、ヤング係数の意味は下記の記事が参考になります。

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

ヤング係数ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

まとめ

今回はPaについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。Paは、圧力の単位です。si単位系の1つで、si組立単位系ではN/uで表します。建築ではPaを使いませんが、N/muなどとの単位換算の方法を覚えましょう。また、圧力の意味、応力度の意味も併せて参考にしてくださいね。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

圧力と面積の関係は?1分でわかる圧力の意味、単位、荷重、面積との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > paとは?1分でわかる単位の意味、si単位系、単位換算、計算