1. HOME > 構造計算の基礎 > 非構造部材とは?1分でわかる意味、耐震性、種類、構造部材との違い

非構造部材とは?1分でわかる意味、耐震性、種類、構造部材との違い

非構造部材とは、仕上げ材や内装材のように、建物や人命の安全性の確保を、直接の目的としない部材のことです。非構造部材の例として、天井材、床材(フローリング)、間仕切り壁などがあります。今回は非構造部材の意味、耐震性、種類、構造部材との違いについて説明します。


構造部材の意味は、下記が参考になります。

構造部材とは?1分でわかる意味、種類、定義、非構造部材との違い

非構造部材とは?

非構造部材とは、仕上げ材や内装材のように、建物や人命の安全性の確保を、直接の目的としない部材です。


主に、建築物の快適性や美的を目的に設ける部材を、非構造部材と考えてください。私たちが建築物を目にするとき、そのほとんどが非構造部材です。柱や梁、耐震壁などの構造部材は、仕上げ材の裏に隠れるからです。


マンションにお住まいの方は、部屋の中で上を見上げてください。人を支える床(スラブ)や梁は見つからないと思います。見える部材は、天井材や梁の形に覆われた仕上げ材です。


構造部材、スラブ、梁の意味は、下記が参考になります。

構造部材とは?1分でわかる意味、種類、定義、非構造部材との違い

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

非構造部材の種類

非構造部材の種類には、下記があります(一例です)。


・天井材

・フローリングなどの床材

・間仕切り壁

・外壁のタイル

・鉄骨造や木造建物の外壁。例えばALCやEPC版など


構造部材以外が「非構造部材」なので、上記以外にも非構造部材はあります。

非構造部材の耐震性

前述したように、非構造部材は安全性の確保が「直接の」目的では無いです。ただし、非構造部材が落下すれば、人命への影響が大きいです。東日本大震災では、天井材の落下による被害が目立ちました。


そこで、非構造部材の耐震性を求める動きが活発です。所定の規模となる天井(特定天井)は、耐震性が求められています。特定天井の意味は、下記が参考になります。

特定天井とは?1分でわかる意味、定義、仕様、計算ルート


また、非構造部材の耐震性に関する書籍も多数出版されています。下記の書籍などが参考になります。

非構造部材の耐震設計施工指針・同解説および耐震設計施工要領 設計者のための見落としてはならない非構造部材

非構造部材と構造部材との違い

非構造部材と構造部材の違いを下記に整理しました。


・非構造部材 ⇒ 仕上げ材、内装材のこと。建物や人命の安全性の確保を、直接の目的としないもの。例えば天井、床のフローリング、間仕切り壁など。非構造部材の範囲は広い。構造部材以外のもの。

・構造部材 ⇒ 通常時、災害時で建物の安全性や、人命の確保を目的とする部材のこと。例えば柱、梁、耐震壁、スラブなど。


非構造部材は、建築物の快適性や美観の良さを目的とするものです。例として、床(フローリング)の非構造部材の役割を示します。


・歩くとき痛くない、快適である、雰囲気が良い ⇒ 非構造部材の役割

・床が傾いたり、変形しないこと ⇒ 構造部材の役割

まとめ

今回は、非構造部材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。非構造部材は、建築物の快適性や美観を目的としたものです。仕上げ材や内装材といいます。非構造部材には、天井、フローリング床、間仕切り壁などがあります。構造部材の意味と併せて覚えましょう。構造部材の意味は、下記が参考になります。

構造部材とは?1分でわかる意味、種類、定義、非構造部材との違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 非構造部材とは?1分でわかる意味、耐震性、種類、構造部材との違い