1. HOME > 構造計算の基礎 > 部材とは?1分でわかる意味、部品との違い、建築での使い方、材料との関係

部材とは?1分でわかる意味、部品との違い、建築での使い方、材料との関係

部材とは、骨組みや架構を構成する部分をいいます。建築で部材というと「構造部材」のことです。例えば、梁、柱などが該当します。今回は、部材の意味、部品との違い、建築での使い方、部材と材料の関係について説明します。※構造部材は下記の記事が参考になります。

構造部材とは?1分でわかる意味、種類、定義、非構造部材との違い

部材とは?

部材とは、骨組みや架構を構成する部分(物)をいいます。建築の実務では、構造部材を単に「部材」といいます。※辞典では「構造の一部となる材料」という意味もあるようです。ただし、建築で使う部材とは少し意味が違います。


建築でいう部材は、構造を構成する部分そのものです。材料のことでは無いです。


例えば、部材には下記があります。


・柱

・梁

・壁

・スラブ


構造部材については、下記の記事が参考になります。

構造部材とは?1分でわかる意味、種類、定義、非構造部材との違い


前述した構造部材には、鉄筋コンクリートや鋼、木などの材料を使います。

部材の読み方

部材は「ぶざい」と読みます。構造部材は「こうぞうぶざい」です。

部材と部品の違い

部材と部品の違いを下記に整理しました。


部材 ⇒ 骨組み、架構を構成する部分(主に建築や土木で使う用語)

部品 ⇒ 機械などの一部として使う品(機械など、細かい物の部分に使う用語)


部材は、建築や土木で使う用語です。部品は、建築や土木で使いません。細かい製品を扱う、機械分野などで使われます。

部材と建築で使う材料の関係

建築で使う部材の材料を下記に整理しました。


・鉄筋コンクリート

・鋼

・木


鉄筋コンクリートとは、コンクリートと鉄筋を組み合わせた材料です。鉄筋とコンクリートを組み合わせることで、互いの弱点を補っています。鉄筋コンクリートについては下記の記事が参考になります。

鉄筋コンクリート造の基礎


鋼は、鉄に炭素などを添加した金属材料です。色々な形状に成形でき、強度、剛性ともに高く、一定の品質が確保できるため、現代建築では必須の材料です。鋼は下記の記事が参考になります。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係


木は、日本で古くから使われる材料です。構造部材だけでなく、部屋の内装にも使えます。木は下記の記事が参考になります。

木材の許容応力度は?1分でわかる求め方、圧縮強度、曲げ強度、基準


上記の他、建築物の部材には色々な材料を使います。建築物に使う部材を総称して、建築部材といいます。

まとめ

今回は部材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。部材は、骨組みや架構を構成する部分(物)をいいます。辞典では、部材は「材料」のことですが、建築の実務では少し意味が違います。柱や梁など、構造を構成する部分そのものです。また構造部材を、単に「部材」と省略することも多いです。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

構造部材とは?1分でわかる意味、種類、定義、非構造部材との違い

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 部材とは?1分でわかる意味、部品との違い、建築での使い方、材料との関係