1. HOME > 構造計算の基礎 >横桁とは?1分でわかる意味、読み方、縦桁、鋼桁との違い、橋梁との関係、計算
スポンサーリンク

横桁とは?1分でわかる意味、読み方、縦桁、鋼桁との違い、橋梁との関係、計算

横桁(よこげた)とは、橋梁の床版を支える部材です。橋梁を構成する部材と考えてください。今回は横桁の意味、読み方、縦桁、鋼桁との違い、橋梁との関係、計算方法について説明します。桁の意味、橋梁の種類は、下記が参考になります。

桁とは?1分でわかる意味、読み方、梁との違い、方向、種類

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算

横桁とは?

横桁(よこげた)とは、橋梁の床版を支える部材です。下図をみてください。これが横桁です。


横桁


横桁の上に配置される桁を、縦桁といいます。横桁、縦桁共に床版を支える、橋梁の部材です。


一般的に、横桁は橋梁の短手方向、縦桁は橋梁の長手方向(橋梁の進行方向)に配置されます。


桁の意味、橋梁の種類は下記が参考になります。

桁とは?1分でわかる意味、読み方、梁との違い、方向、種類

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算


なお、横桁と縦桁をモデル化すると、下図のようになります。


横桁と縦桁のモデル化

横桁の読み方

横桁は「よこげた」と読みます。関係用語の読み方は下記です。


縦桁 ⇒ たてげた

鋼桁 ⇒ こうげた

橋梁 ⇒ きょうりょう

横桁と縦桁、鋼桁との違い

横桁と縦桁、鋼桁との違いを、下記に示します。


横桁 ⇒ 橋梁の横方向(短手方向)に配置される桁

縦桁 ⇒ 橋梁の縦方向(長手方向)に配置される桁

鋼桁 ⇒ 鋼製の桁のこと。橋梁は鋼製が多い。


桁の意味、橋梁の種類は下記が参考になります。

桁とは?1分でわかる意味、読み方、梁との違い、方向、種類

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算

横桁と橋梁との関係、計算

横桁は橋梁を構成する部材の1つです。下図をみてください。横桁と縦桁をモデル化しました。A点とB点の反力を計算しましょう。


横桁と縦桁の計算


計算方法は簡単です。まず上部の梁(縦桁)に作用する荷重から「間接荷重」を算定します。後は間接荷重が下部梁に作用する点から、反力を導きます。


Pは縦桁の中央に作用するので反力は、


R=P/2


です。よって間接荷重は


P2=P/2


です。A点の反力は、


R=P2/2=P/4


です。B点は、上部梁の間接荷重がそのまま支点に作用します。よって反力は、


R=P/2+P/4=3P/4


です。間接荷重の意味は、下記が参考になります。

間接荷重とは?1分でわかる意味、解き方、ゲルバー梁との関係

まとめ

今回は横桁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。横桁は、床版を支える部材の1つです。橋梁の短手方向に配置されます。また、長手方向に配置される桁が縦桁です。横桁と縦桁の関係、計算方法を理解しましょう。下記の記事も勉強しましょうね。

間接荷重とは?1分でわかる意味、解き方、ゲルバー梁との関係

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 横桁とは?1分でわかる意味、読み方、縦桁、鋼桁との違い、橋梁との関係、計算