1. HOME > 構造計算の基礎 > 斜張橋とは?1分でわかる意味、吊り橋との違い、原理、メリット、構造
スポンサーリンク

斜張橋とは?1分でわかる意味、吊り橋との違い、原理、メリット、構造

斜張橋(しゃちょうきょう)とは、タワーからケーブルを斜めに張り、桁を吊る方法です。ケーブルには、主として引張力が作用します。効率的に力を伝達できるので、大スパン構造に対応できます。斜張橋に似た構造として、吊り橋があります。今回は斜張橋の意味、吊り橋との違い、原理、メリット、構造について説明します。橋梁の構造は、下記の記事が参考になります。

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算

斜張橋とは?

斜張橋(しゃちょうきょう)とは、タワーからケーブルを斜めに張り、桁を吊る方法です。下図をみてください。これが斜張橋です。

斜張橋

ケーブルには主に引張力、タワーには圧縮力が生じます。ケーブルは主に鋼材を用います。引張力に強く効果的に力を伝達できます。


多々羅大橋(890m)など、斜張橋は大スパン構造に対応できます。大スパン構造の意味は、下記が参考になります。

大スパン建築とは?1分でわかる意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係


橋梁の構造は、下記が参考になります。

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算

斜張橋と吊り橋の違い

斜張橋と吊り橋の違いを、下記に示します。


斜張橋 ⇒ タワーからケーブルを斜めに張り、桁を吊る橋

吊り橋 ⇒ 空中に張り渡したケーブルから吊り材を介して、桁を吊った橋


下図をみてください。これが吊り橋です。

吊橋

斜張橋のメリット

斜張橋のメリットを、下記に示します。


大スパン構造に対応できる

景観が良い


前述したように、斜張橋は大スパン構造に対応できます。ケーブルには、主に引張力が生じるので、効果的に力を伝達できるからです。


また、景観が良い点も斜張橋のメリットです。面白くスッキリとした表情がある橋だと思います。また、ケーブルの張り方にもいくつか種類があります。下図をみてください。ケーブルを放射型、平行に張る違いがあります。

斜張橋と張り方

まとめ

今回は斜張橋について説明しました。意味が理解頂けたと思います。斜張橋は、タワーからケーブルを斜めに張り、桁を支える橋です。ケーブルとタワーで桁を支えており、ケーブルが細いのでスッキリとした印象を与えます。大スパン構造に対応できるだけでなく、景観にも良い橋梁です。似た橋梁に、吊り橋があります。斜張橋との違いを理解しましょう。下記の記事も併せて勉強しましょうね。

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 斜張橋とは?1分でわかる意味、吊り橋との違い、原理、メリット、構造