1. HOME > 構造計算の基礎 > 筋交い付きラーメン構造とは?1分でわかる意味、ラーメン構造、壁式ラーメン構造との違い
スポンサーリンク

筋交い付きラーメン構造とは?1分でわかる意味、ラーメン構造、壁式ラーメン構造との違い

筋交い付きラーメン構造(すじかいつきらーめんこうぞう)とは、ラーメン構造に筋交い(ブレース)が付いた構造形式です。剛性の高い筋交いが地震力を負担します。今回は、筋交い付きラーメン構造の意味、ラーメン構造、壁式ラーメン構造との違いについて説明します。ラーメン構造、筋交いの意味は、下記が参考になります。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

筋交いとは?1分でわかる役割、効果、寸法、ブレースとの違い

筋交い付きラーメン構造とは?

筋交い付きラーメン構造とは、ラーメン構造に筋交い(ブレース)が付いた構造形式です。下図をみてください。これが筋交い付きラーメン構造です。

筋交い付きラーメン構造

柱と梁は剛接合で、さらにブレースが付きます。剛性の高いブレースが、ほとんどの地震力を負担します。ただし普通のブレース構造と違い、柱と梁は剛接合です。ある程度地震力に抵抗できる分、より変形しにくい形式です。


ブレース構造、ラーメン構造の意味は、下記が参考になります。

ブレース構造とは何か?

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

筋交い付きラーメン構造とラーメン構造、ブレース構造の違い

筋交い付きラーメン構造とラーメン構造の違いを、下記に示します。


筋交い付きラーメン構造 ⇒ ラーメン構造に筋交いが付加された構造形式

ラーメン構造 ⇒ 柱と梁を剛接合で一体化した構造形式

ブレース構造 ⇒ 軸組み内に配置した斜め部材(ブレース)が、水平力を負担する構造形式。柱と梁はピン接合。


上記より、筋交い付きラーメン構造はラーメン構造とブレース構造を組み合わせた形式です。ラーメン構造、ブレース構造の意味は、下記が参考になります。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

ブレース構造とは何か?

筋交い付きラーメン構造と壁式ラーメン構造との違い

壁式ラーメン構造は、壁厚の中に、梁と柱を配置した形式です。鉄筋コンクリート造に見られる構造形式です。詳細は、下記が参考になります。

壁式ラーメン構造とは?1分でわかる意味、見分け方、スパン、階数

まとめ

今回は筋交い付きラーメン構造について説明しました。意味が理解頂けたと思います。筋交い付きラーメン構造は、ラーメン構造に筋交いが付いた形式です。普通のラーメン構造、ブレース構造より変形しにくいです。ラーメン構造、ブレース構造、それぞれの特徴を理解しましょうね。下記が参考になります。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

ブレース構造とは何か?


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 筋交い付きラーメン構造とは?1分でわかる意味、ラーメン構造、壁式ラーメン構造との違い