1. HOME > 構造計算の基礎 > 剛節架構とは?1分でわかる意味、剛節の意味、剛接合との違い、ラーメン構造との関係

剛節架構とは?1分でわかる意味、剛節の意味、剛接合との違い、ラーメン構造との関係

剛節架構は、ラーメン構造のことです。各節点が剛接合されている架構を意味します。実務では、ラーメン構造ということが多いです。今回は、剛節架構の意味、剛接合との違い、ラーメン構造との関係について説明します。ラーメン構造、剛接合の意味は、下記の記事が参考になります。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い

剛節架構とは?

剛節架構とは、節点が剛接合された骨組みのことです。ラーメン構造と同じ意味です。実務では、ラーメン構造ということが多いです。ただし、建築学会の指針や建築基準法など、権威ある文書では、「剛節架構」と書くことも多いので、ぜひ覚えてくださいね。


例えば、


耐力壁を有する「剛節架構」が負担するせん断力の割増


が建築基準法で規定されます。耐震壁が多いと、ほとんどの地震力を耐震壁で負担します。剛節架構に作用する地震力がとても小さくなることを防ぐ規定です。


ラーメン構造の特徴、意味は下記の記事が参考になります。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット


下図をみてください。柱と梁の接合される部分(仕口部)を剛接合としています。仕口部は回転しないよう、ガッチリ固定されています。柱と梁だけで、空間をつくることが可能で、空間を広く使えます。多くの建物に採用される構造形式です。

ラーメン構造

特に、鉄筋コンクリート造はコンクリートにより柱と梁は必ず一体化されます。コンクリートは、全て剛節架構です。

剛節の意味

剛節は、各節点で部材が剛接合された部分を言います。剛接合、節点の意味は、下記の記事が参考になります。

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い

節点とは?1分でわかる意味、読み方、接点との違い、節点変位、剛節点

剛節架構と剛接合の違い

剛節架構と剛接合の違いを下記に整理しました。


剛節架構 ⇒ 各節点が剛接合された骨組みのこと。ラーメン構造ともいう。

剛接合 ⇒ 部材を繋ぎ合わせた部分(接合部)を、回転しないよう剛にした接合部のこと。回転する接合部をピン接合という。


下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い

剛節架構とラーメン構造の関係

剛節架構とラーメン構造は、同じ意味と考えてください。建築業界では、ラーメン構造のほうがよく使われます。

まとめ

今回は剛節架構について説明しました。意味が理解頂けたと思います。剛節架構は、各節点で部材が剛接合された架構のことです。ラーメン構造ともいいます。剛節架構(ラーメン構造)の特徴を理解しましょう。剛節架構は、柱と梁の接合部を剛接合します。剛接合とピン接合の違いなど、下記の記事も併せて参考にしてください。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 剛節架構とは?1分でわかる意味、剛節の意味、剛接合との違い、ラーメン構造との関係