1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のフレームとは?1分でわかる意味、構造形式、シェル、スペースフレームの関係

建築のフレームとは?1分でわかる意味、構造形式、シェル、スペースフレームの関係

建築のフレームとは、骨組みを意味します。フレームは、ラーメン構造という構造形式と同じです。フレームは英語で、ラーメンはドイツ語という違いがあります。今回は、建築のフレームの意味、構造形式、スペースフレーム、シェルの関係について説明します。※骨組み、ラーメン構造については、下記の記事が参考になります。

建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

建築のフレームとは?

建築の「フレーム」は、構造形式の1つで、骨組みを意味します。ラーメン構造と同じ構造形式です。フレームとラーメンは同じ意味ですが、下記の違いがあります。


・フレーム ⇒ 骨組みのこと。元々は英語

・ラーメン ⇒ 骨組みのこと。元々はドイツ語


骨組み、ラーメン構造は下記の記事が参考になります。

建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

フレームの構造形式

フレームの構造形式は、ラーメン構造と同じです。フレーム構造の特徴は下記です。


・柱と梁の接合部を剛接合で一体化している

・柱と梁で空間をつくる構造形式なので、部屋を広く使える

・開口の制限がない


フレーム構造は、柱と梁の接合部を剛接合で一体化します。※剛接合は下記の記事が参考になります。

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い


剛接合することで、柱と梁は一体的に変形します。フレーム構造は、柱と梁のみで構成するので、部屋を広く使えます。また、開口の制限がありません(耐震壁やブレース構造は、開口の位置や大きさに制限がありますよね)。


以上がフレーム構造の特徴ですが、ラーメン構造と同じです。※ラーメン構造は、下記の記事が参考になります。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

スペースフレームとシェルの違い

スペースフレームとは、直訳すると立体骨組みです。スペースフレームは、大空間をつくる「立体的な骨組み」です。


一方、シェル構造は、曲面の版構造です。※シェルは貝殻、という意味です。シェル構造は、驚きのある構造形式で、多くの研究者、設計者が挑戦的なシェル構造を設計しています。私がみたシェル構造で一番感動したものは、

です。素晴らしいシェル構造でした。

まとめ

今回はフレームの意味について説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築で、フレームとラーメンは同じ意味です。フレーム構造の特徴、スペースフレームの意味も併せて理解してくださいね。また、大空間を創るという目的は同じですが、シェルとスペースフレームは異なる構造形式だと覚えてくださいね。下記の記事も参考にしてください。

建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のフレームとは?1分でわかる意味、構造形式、シェル、スペースフレームの関係