1. HOME > 構造計算の基礎 > 桁とは?1分でわかる意味、読み方、梁との違い、方向、種類
スポンサーリンク

桁とは?1分でわかる意味、読み方、梁との違い、方向、種類

桁は、水平方向に架ける構造部材です。床や屋根を支えます。主に木造建築物に使う用語で、その他では「梁(はり)」ということが多いです。今回は桁の意味、読み方、梁との違い、方向、種類について説明します。


横架材、梁の意味は、下記が参考になります。

横架材とは?1分でわかる意味、種類、欠き込みの基準、梁との違い

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

桁とは?

桁は、水平方向に架ける構造部材で、床や屋根を支えます。木造建築物では、建物の桁行方向(長辺方向)に架ける水平方向の部材が、「桁(軒桁)」です。なお、妻方向に架ける水平部材を「梁」といいます。下図をみてください。これが桁と梁です。


梁の意味は、下記が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算


鉄骨造や鉄筋コンクリート造では、桁ではなく「梁」ということが多いです。桁、梁と言葉は違いますが、構造部材としての目的は同じです。なお、梁には大梁、小梁など色々な種類があります。梁の種類は、下記が参考になります。

大梁とは?1分でわかる意味、読み方、記号、小梁との見分け方、違い

1分で分かる小梁の特徴と目的

梁の種類とは?1分でわかる種類と構造

桁の読み方

桁は「けた」と読みます。桁に関係する用語の読み方は下記です。


梁桁 ⇒ はりげた

ささら桁 ⇒ ささらげた

側桁 ⇒ がわげた

桁と梁の違い

桁と梁の違いを下記に示します。


桁 ⇒ 建物の長辺方向に架ける水平部材。

梁 ⇒ 建物の妻方向に架ける水平部材。

桁の方向

建物の長辺方向に架ける水平部材を、桁といいます。また、桁の長さ方向を桁行方向、短辺方向を妻方向といいます。桁行方向、妻方向の意味は、下記が参考になります。

梁間とは?1分でわかる梁間の意味、読み方、桁行との違い

桁の種類

桁の種類には、下記があります。


軒桁 ⇒ 屋根小屋の垂木を受ける水平部材。小屋梁、柱と接合される。

ささら桁 ⇒ 階段の段部を受ける部材のこと。一般的な階段をつくるには、ささら桁が必要。

側桁 ⇒ ささら桁の1つ。横からみても、ささらの板しかみえない。


ささら桁、側桁の意味は、下記が参考になります。

ササラってなに?現役設計者が教える鉄骨階段とササラの関係や、意味

階段の構造は?1分でわかる7つの種類と名称、片持ち階段、構造計算

まとめ

今回は桁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。桁は、水平方向に架ける構造部材です。木造建築物で「桁」という用語を使います。桁の意味を覚えましょう。併せて、桁行方向の意味、ササラ桁との関係も理解してくださいね。下記が参考になります。

梁間とは?1分でわかる梁間の意味、読み方、桁行との違い

ササラってなに?現役設計者が教える鉄骨階段とササラの関係や、意味


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 桁とは?1分でわかる意味、読み方、梁との違い、方向、種類