1. HOME > 構造計算の基礎 >基礎とコンクリートの関係は?1分でわかる意味、強度と21N/mu、鉄筋
スポンサーリンク

基礎とコンクリートの関係は?1分でわかる意味、強度と21N/mu、鉄筋

基礎には、直接基礎と杭基礎があります。直接基礎は、コンクリートの塊(かたまり)で建物の重さを支える構造部材です。杭基礎は、コンクリートの塊(フーチング)と杭を一体化し、建物の重さを支えます。一般的に、基礎はコンクリート製(鉄筋コンクリート)です。今回は、基礎とコンクリートの関係、意味、強度と21N/mu、鉄筋との関係について説明します。直接基礎、杭基礎の意味は下記が参考になります。

直接基礎とは?1分でわかる種類、設計方法、地盤改良、杭基礎との違い

杭基礎とは?1分でわかる意味、設計、杭工事の手順

基礎とコンクリートの関係は?

基礎はコンクリート製(鉄筋コンクリート製)がほとんどです。基礎には、直接基礎と杭基礎があります。直接基礎は、コンクリートの塊が建物の重さを支えます。直接基礎の特徴、種類は下記が参考になります。

直接基礎とは?1分でわかる種類、設計方法、地盤改良、杭基礎との違い


基礎となる鉄筋コンクリートの塊を、フーチングともいいます。フーチングの詳細は、下記が参考になります。

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係


杭基礎では、建物の重さを支えるのは「杭」です。杭はコンクリートの塊(フーチング)と一体化されます。杭基礎の特徴は、下記が参考になります。

杭基礎とは?1分でわかる意味、設計、杭工事の手順


基礎は土の中に埋まっています。土中は材料が腐食しやすい環境です。一方、コンクリートは腐りにくい材料ですね。

スポンサーリンク

基礎とコンクリートの強度、21N/mu

基礎に用いるコンクリートの強度は、


Fc24以上


が一般的です。最近では、コンクリートの耐久性の観点からFc21を使うことは少ないです。Fc21の「Fc」を設計基準強度といいます。詳細は、下記が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

基礎のコンクリートと鉄筋の関係

基礎に用いるコンクリートには、主に曲げモーメントとせん断力が生じます。曲げモーメントに対しては、フーチングのベース筋で抵抗させます。フーチングの配筋、意味は下記が参考になります。

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係

ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ

はかま筋とは?1分でわかる意味、ピッチ、設計、計算、付着長さ

まとめ

今回は基礎とコンクリートの関係について説明しました。意味が理解頂けたと思います。基礎のほとんどが鉄筋コンクリート製です。基礎は土中に埋まっています。そのため、基礎の材料として腐りにくい、コンクリートを用いる必要があります。フーチングの意味、鉄筋など下記が参考になります。

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係

ベース筋とは?1分でわかる意味、設計法、はかま筋との違い、付着長さ

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 基礎とコンクリートの関係は?1分でわかる意味、強度と21N/mu、鉄筋
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事