1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 孔内水平載荷試験ってなに?孔内水平載荷試験の目的と試験方法

孔内水平載荷試験ってなに?孔内水平載荷試験の目的と試験方法

ボーリング調査には一般的に2つの種類があります。1つは地盤の強度や支持層の深さなどを調査する、標準貫入試験です。もう1つが、孔内水平載荷試験です。


では、孔内水平載荷試験はどんな目的があって行うのでしょうか。今回は、孔内水平載荷試験の目的や、試験方法について説明します。


孔内水平載荷試験ってなに?

孔内水平載荷試験は、地盤の水平方向の強さを調べる試験です。なぜ水平方向の地盤の強さを知る必要があるのでしょうか。これには、建物の基礎が大きく関係します。建物の基礎には、大まかに2種類あります。1つは直接基礎、2つめが杭基礎です。


杭基礎は、普通地面から数m〜数十mの長さがあります。よって地震が起きると、地面が揺れると共に、杭も揺れます。「揺れる」ということは、杭に力が作用することを意味します。このとき、「杭の変形や応力」は地盤の強さが大きく関係するのです。下図を見てください。

スポンサーリンク
 

左図は、比較的強度の高い地盤に杭を埋め込んだケースです。地震が起きた時、地盤がクッションの役割を果たすため杭は揺れにくくなります。専門用語で、地盤のバネが強いといいます。


右図は逆に、地盤の強度が弱いためクッションの効果が薄いケースです。地震が起きると、杭は揺れやすく、作用する応力も大きくなります。


孔内水平載荷試験とは、この水平方向の地盤の強さを調べるために行うのです。


孔内水平載荷試験で何がわかるの?

では具体的に、孔内水平載荷試験で何がわかるのでしょうか。下記に示しました。

2つとも同じような係数で、前述した水平方向の地盤の剛性を表した値です。杭を設計するとき、上記の値を考慮して杭に作用する応力や変形を算出します。


孔内水平載荷試験の方法

孔内水平載荷試験の試験方法について説明します。本試験もJIS規格により明確な決まりがあります。まず、ざっくりと試験の概要を説明しましょう。下図をみてください。

これは、地面をボーリングした状態を表しています。地面に測定管を挿入します。この測定管は水を注入すると膨らむ仕組みです。水をどんどん追加することで、孔壁に圧力をかけます。あとは圧力と、地盤の変形量を計測し、地盤反力係数を計測します。


では、実際の試験方法をみていきましょう。

以上のように試験を行います。


まとめ

今回は孔内水平載荷試験について説明しました。何を目的にしているか理解すれば、試験の目的や方法もすんなり理解できませんか?


孔内水平載荷試験は、杭の設計に欠かせない試験ですから、しっかり覚えておきましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 孔内水平載荷試験ってなに?孔内水平載荷試験の目的と試験方法