1. HOME >鉄筋コンクリート造の基礎 > 幅止め筋とは?1分でわかる意味、役割、間隔(ピッチ)と向き、梁、壁の配筋
スポンサーリンク

幅止め筋とは?1分でわかる意味、役割、間隔(ピッチ)と向き、梁、壁の配筋

幅止め筋(はばどめきん)とは、鉄筋コンクリートの梁や壁に配置する鉄筋の1つで、両側の鉄筋幅を保つために設けます。鉄筋の「幅」が動かないように「止める」鉄筋なので、「幅止め筋」です。巾止め筋とも書きます。なお幅止め筋を配置するためには、腹筋(はらきん)も必要です。今回は幅止め筋の意味、役割、間隔(ピッチ)、梁と壁の配筋について説明します。腹筋の詳細は下記をご覧ください。

腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割

梁の配筋とは?1分でわかる意味、名称、各鉄筋の関係

幅止め筋とは?

幅止め筋(はばどめきん)は、下図に示す鉄筋です。梁や壁の両側の鉄筋の幅を保つために設けます。


図 幅止め筋


幅止め筋が無いと、下図のように鉄筋の幅が広がる可能性があります。幅止め筋があれば、下図のような鉄筋幅の広がりは無いでしょう。


図 幅止め筋の役割


また幅止め筋は、それだけでは配置できません。腹筋に引っ掛けて配筋します。

スポンサーリンク

幅止め筋の役割

幅止め筋の役割を下記に示します。


梁や壁の両側の鉄筋の幅を保つこと


幅止め筋が無いと、梁の両側の鉄筋幅は広がったり、縮んだりします。全ての鉄筋は所定のかぶり厚を設けています。


図 幅止め筋の役割


かぶり厚は「厚過ぎず、薄すぎず」という点が大切です。所定のかぶり厚を保持するためにも、幅止め筋は大切な鉄筋です。かぶり厚の詳細は下記をご覧ください。

鉄筋の「かぶり」ってなに?かぶりと鉄筋コンクリートの耐久性について

幅止め筋の間隔(ピッチ)と向き

幅止め筋の間隔(ピッチ)と鉄筋径は、D10@1000が一般的です。梁だけでなく、壁筋も同様の配筋とします。腹筋を設けた箇所に幅止め筋を入れましょう。

幅止め筋と梁、壁の配筋

幅止め筋の形状を下図に示します。


図 幅止め筋の形状


幅止め筋は、両側の腹筋と腹筋に引っ掛けます。また片側は90°フック、もう片方は135°フックにすることが一般的です。

まとめ

今回は幅止め筋について説明しました。意味が理解頂けたと思います。幅止め筋は、梁や壁の両側の鉄筋幅を保つために必要です。腹筋とセットで必要です。腹筋と幅止め筋の配筋容量、間隔や鉄筋径も覚えましょうね。下記も参考になります。

腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 幅止め筋とは?1分でわかる意味、役割、間隔(ピッチ)と向き、梁、壁の配筋
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事