1. HOME > 構造力学の基礎 > 配筋とは?1分でわかる意味、読み方、種類、配筋検査、鉄筋の名称

配筋とは?1分でわかる意味、読み方、種類、配筋検査、鉄筋の名称

配筋は、鉄筋を配置すること、鉄筋を組み立てることです。鉄筋コンクリートの各部材毎に、配筋の方法が違います。今回は配筋の意味、読み方、種類、配筋検査の意味、鉄筋の名称について説明します。配筋と併せて下記の記事も参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方


※鉄筋に関する記事は、当サイトで沢山書いています。下記の記事も参考にしてくださいね。

ダブル配筋とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、壁厚、図面

千鳥配筋とは?

配筋とは?

配筋とは、鉄筋を配置すること、鉄筋を組み立てることです。「柱の配筋をする」という使い方をします。配筋は、各部材ごとに配置する鉄筋の種類や、組み方が違います。例えば、柱の配筋をするとき、主に下記の鉄筋が必要です。

主筋とは、曲げモーメントを負担する鉄筋です。帯筋は、主筋を拘束し、せん断耐力を上げる目的で配筋されます。※主筋、帯筋は下記の記事が参考になります。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係


下図をみてください。柱の配筋は、柱の長さ方向に主筋が配置され、主筋に巻きつく形で、帯筋を組み立てます。

柱の主筋と帯筋

応力を負担できる位置に配筋するのが原則(目的)です。

配筋検査とは?

配筋検査とは、設計図通りの配筋がされているか図面と施工現場を照らし合わせ、確認することです。


配筋検査では、鉄筋径、鉄筋本数、かぶり、あき、定着長さ、納まりなど、様々なことをチェックします。


色々なものが自動化された現代でも、鉄筋は人間が組み立てます。建物ができあがって、鉄筋が1本でも間違えると大変です。施工ミスを防ぐためにも、配筋検査は重要です。配筋検査が初めての方は下記のチェックポイントも確認したいですね。

配筋の読み方

配筋は、「はいきん」と読みます。

配筋の種類と鉄筋の名称

配筋は、各部材毎に違います。また、同じ目的の鉄筋でも、部材が違うと名称も変わります。下記に配筋の種類と、鉄筋の名称を整理しました。

柱の配筋

柱は、主筋と帯筋を配筋します。下記が参考になります。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

梁の配筋

梁は、主筋、あばら筋、腹筋を配筋します。下記が参考になります。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算

腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割

壁の配筋

壁は、縦筋と横筋などを配筋します。下記が参考になります。

壁筋の縦横はどちらが外内か?


また、シングル、ダブル、千鳥といた配筋方法があります。

シングル配筋とは?1分でわかる意味、壁厚、メリットとデメリット、配筋図

ダブル配筋とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、壁厚、図面

千鳥配筋とは?

スラブの配筋

スラブは、主筋、配力筋を配筋します。下記が参考になります。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋

配力筋とは?

まとめ

今回は配筋について説明しました。意味が理解頂けたと思います。配筋の種類を覚えてください。鉄筋の名称を覚えるのは時間がかかります。これから実務に携わる人は、下記の本を読むと、イメージが湧きやすいですよ。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 配筋とは?1分でわかる意味、読み方、種類、配筋検査、鉄筋の名称