1. HOME > 構造力学の基礎 > 上端筋とは?1分でわかる意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋

上端筋とは?1分でわかる意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋

上端筋は、梁やスラブなど部材の上側に配置する鉄筋をいいます。上端筋は「うわばきん」と読みます。また部材の下側に配置する鉄筋は、下端筋です。上端筋と下端筋の配筋量は、部材に作用する応力により異なります。今回は、そんな上端筋の意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋について説明します。

上端筋とは?

上端筋とは、部材の上側(※上側を上端といいます)に配置する鉄筋です。下図をみてください。梁の断面図ですが、上側にある鉄筋が上端筋です。

梁の上端筋

また下側にある鉄筋を下端筋といいます。


梁やスラブは、上端と下端に曲げモーメントが作用します。例えば両端固定の梁では、下図の応力です。

梁の曲げモーメント

上端筋は、上端に作用する曲げモーメントに対して必要な、引張鉄筋量をいれます。※引張鉄筋については下記の記事が参考になります。

引張鉄筋比とは?3分でわかる梁と柱の引張鉄筋比の計算方法


特に地震時では、端部に作用する応力が大きく、長期応力と足し合わせると上端筋の鉄筋量が多くなりやすいです。

上端筋の読み方

上端筋は「うわばきん」と読みます。また建築では、上側を「うわば」、下側を「したば」といいます。下記の用語は読み方を覚えておきましょう。

上端筋・・・うわばきん

下端筋・・・したばきん

上端・・・・うわば

下端・・・・したば

スラブ筋の上端筋と下端筋

スラブ筋にも、上端筋と下端筋があります。下図をみてください。

スラブの上端筋、下端筋

スラブの上端筋とは、上側に配置される主筋および配力筋です。同様に、下端筋は下側に配置される主筋、配力筋です。


※主筋とは、一般に短辺方向の鉄筋である。配力筋は、長辺方向の鉄筋を示す。


スラブも、梁と同様に端部では上端に曲げモーメントが作用します。よって、曲げモーメントに対して必要な引張鉄筋を配置します。


中央部は、主として下側に曲げモーメントが作用します。よって、原理的に上端筋量は減らしても良いのですが、実務では「中央上端筋は、端部上端筋と同じにする」ことも普通に行います。施工が簡単だからです。

梁の上端筋と下端筋

梁の上端筋と下端筋は、下図の鉄筋です。

梁の上端筋と下端筋

上端筋は、上端に作用する曲げモーメントに対して必要な配筋をします。単純梁の長期荷重時は、下側中央部の配筋量(下端筋の配筋量)が増えます。


ただし、連続梁などでは上端筋の配筋量も多くなるので注意が必要です。さらに、地震時では上端の曲げモーメントが増えるため、配筋量が多くなります。


梁の応力は、端部と中央で変わります。よって配筋量も下記のように場合分けします。

・外端上端部

・外端下端部

・内端上端部

・内端下端部

・中央上端部

・中央下端部


各部の応力により配筋量を決めますが、「外端上端」「内端上端」は比較的配筋量が増えます。「中央上端」は応力がほとんど作用しない箇所なので、配筋量は減ります。


ただし、スパンが短い梁などでは「外端」「内端」「中央」のように、配筋を分けることが施工的に難しいです。よって、一番応力が大きな箇所で配筋を決めて「鉄筋を通し」ます。これを「通し配筋」といいます。

まとめ

今回は、上端筋について説明しました。上端筋の意味が理解頂けたと思います。意味は簡単なので、すぐにわかるでしょう。梁やスラブの応力図をイメージしながら、上端筋、下端筋のどちらが多くなるか見当がつくようにしましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 上端筋とは?1分でわかる意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋
  2. -->