1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 梁の配筋とは?1分でわかる意味、名称、各鉄筋の関係
スポンサーリンク

梁の配筋とは?1分でわかる意味、名称、各鉄筋の関係

梁の配筋は、主に3つで構成されます。主筋、あばら筋(せん断補強筋)、腹筋(はらきん)です。今回は、梁の配筋と意味、名称、各鉄筋との関係について説明します。主筋、あばら筋、腹筋の意味は、下記が参考になります。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算

腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割


また、柱の配筋も、梁の配筋と似たつくりです。ただし、あばら筋ではなく「帯筋」といいます。帯筋の意味は、下記が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

梁の配筋とは?

梁の配筋とは、主に、下記の3つで構成されます。


主筋

あばら筋

腹筋


です。


主筋は、下図に示すように鉄筋コンクリート部材の、長さ方向に配置される鉄筋です。梁の上端、下端に配置されます。主に、曲げモーメントによる引張力を負担します(圧縮力も負担します)。よって、引張鉄筋ともいいます。引張鉄筋、圧縮鉄筋の意味は、下記が参考になります。

圧縮鉄筋とは?1分でわかる計算と役割、引張鉄筋、クリープとの関係

あばら筋

鉄筋コンクリート部材で、最も重要な鉄筋といえます。主筋が無ければ、鉄筋コンクリート部材は、外力を一切負担できません。主筋の意味は、下記が参考になります。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋


あばら筋を下図に示します。あばら筋は、上下端の主筋を囲むような鉄筋です。あばら筋は、梁のせん断耐力を高める働きをします。

あばら筋

よって、あばら筋を増やすほど(ある時点で耐力は増えない)、せん断耐力は大きくなります。あばら筋、せん断耐力の意味は、下記が参考になります。

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算

せん断耐力とは?1分でわかる意味、求め方、コンクリートの式、単位


腹筋は、あばら筋の形状を保つために必要な鉄筋です。梁の耐力に、直接影響しませんが、配筋の精度を保つために必要です。腹筋の意味は、下記が参考になります。

腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割

梁の配筋と名称、各鉄筋との関係

梁の配筋と名称を下図に示しました。

あばら筋

全て重要な鉄筋です。下記の記事から、それぞれの特徴を勉強しましょう。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算

腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割


なお、読み方を下記に示します。


主筋 ⇒ しゅきん

あばら筋 ⇒ あばらきん

腹筋 ⇒ はらきん

まとめ

今回は梁の配筋について説明しました。梁に使う鉄筋の名称、意味が理解頂けたと思います。特に、主筋とあばら筋の目的、耐力に影響する理由を理解しましょう。また、配筋の納まりも大切です。配筋の納まりの規準は、下記の書籍が参考になります。

下記の記事も勉強しましょうね。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 梁の配筋とは?1分でわかる意味、名称、各鉄筋の関係