1. HOME > 構造力学の基礎 > 配力筋とは?1分でわかる意味、役割、主筋との違い、スラブの配力筋

配力筋とは?1分でわかる意味、役割、主筋との違い、スラブの配力筋

配力筋とは、スラブの長辺方向に配置される鉄筋です。短辺方向に配置される鉄筋を主筋といいます。今回は、配力筋の意味と役割、主筋との違い、スラブの配力筋について説明します。


※スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

RCスラブのたわみ

RCスラブを直感的に設計する5つのTIPs

配力筋とは?

配力筋とは長辺方向に配置される鉄筋です。下図をみてください。長方形のスラブがあります。このとき、スラブの短辺方向が主筋、長辺方向が配力筋です。

スラブの配力筋

スラブは、短辺方向の応力が大きくなるという性質があります。上図のスラブでは、2m方向にほとんどの力が伝達されます。※スラブの応力については下記の記事が参考になります。

RCスラブのたわみ

RCスラブを直感的に設計する5つのTIPs


一方、長辺方向は伝える荷重が少ないです。よって応力が小さくなります。主に力を伝達する鉄筋を、主筋といいます。つまり、短辺方向がスラブの主筋です。


力をあまり伝達しなくてもいい長辺方向は、配力筋になります。


ただ注意して頂くのは、「配力筋も応力を負担している」という点です。確かに応力は小さいですが、力を伝達するために必要な鉄筋だと認識してください。


配力筋という用語は、主にスラブに用います。その他、基礎のフーチング、ベタ基礎の底板(耐圧版)、壁などにも使います。

配力筋と主筋の違い

配力筋と主筋の違いを下記に整理しました。

配力筋  長辺方向の鉄筋(一般的に応力が小さい)

主筋   短辺方向の鉄筋(一般的に応力が大きい)

スラブの配力筋

スラブの一般的な配力筋について説明します。配力筋は負担する応力が小さいので、

・D10@200

・D10D13@200


程度が一般的です。ただし底板(耐圧版)など、ひび割れを抑えたい部材や、安全のため主筋と同程度入れる場合もあります。


配力筋は、一般的に応力が小さいと書きました。しかし例外もあります。下図をみてください。スラブが正方形です。

正方形のスラブ

短辺方向が主筋、長辺方向が配力筋と考えましたが、正方形の場合、両方向とも主筋と考えます。スラブに作用する応力は、各方向のスパンにより決定します。正方形では同スパンのため、応力が同じ値です。


図面の表記上は、どうしても「配力筋」「主筋」と描きますが、正方形の配筋の場合、区別がないと覚えておきましょう。

まとめ

今回は配力筋について説明しました。配力筋は長辺方向の鉄筋だと覚えておきましょう。短辺方向は主筋といいます。注意したいのは、配力筋も応力を負担していること。大切な鉄筋の1つです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 配力筋とは?1分でわかる意味、役割、主筋との違い、スラブの配力筋
  2. -->