建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割

腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


腹筋とは何でしょうか。もし、これから建築業界で働く人、今まさに建築業界で奮闘されている方は、間違っても腹筋(ふっきん)と読み間違えないように注意して頂きたいと思います。


腹筋(はらきん)が正しい呼び方です。さて、腹筋は鉄筋コンクリート造の梁に配筋する鉄筋の1つです。では、腹筋はどのような役割があり、どういった納まりになるでしょうか。


今回は腹筋について説明します。また、鉄筋の基礎知識として下記が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格

公式LINEで構造力学の悩み解説しませんか?⇒ 1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を配信。構造に関する質問も受付中

腹筋(はらきん)ってなに?

腹筋は鉄筋コンクリート造の梁に設ける鉄筋の1つです。下図をみてください。赤枠で示した鉄筋が腹筋です。※梁は下記が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算



では、腹筋は何のために必要でしょうか。

腹筋を設ける目的

腹筋を設ける目的を説明します。それは


あばら筋の形状を確保するため


です。もう一度、下図をみてください。



あばら筋とは、梁に配筋する鉄筋(せん断補強筋)の1つです。あばら筋は下記が参考になります。

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算


あばら筋は一般的にD10やD13といった細径の鉄筋を用います。実際に触ってみると分かるのですが、D10のような細い鉄筋は、長いと手で簡単に曲げることができます。よって、梁せいが大きくなると、自然とあばら筋も長くなり、形状が保てなくなるのです。


形状が保てないと、最悪の場合かぶりが確保できないこと、かぶりが大きすぎて鉄筋が余分に必要になることもあります。それを防ぐための腹筋はとても重要な鉄筋です。



「かぶり」の意味は、下記が参考になります。

鉄筋の「かぶり」ってなに?かぶりと鉄筋コンクリートの耐久性について

腹筋の納まり

それでは腹筋の納まりを説明します。一見、なんてことない鉄筋ですが案外細かいルールがあります。※納まりの意味は、下記が参考になります。

建築の納まりとは?1分でわかる意味、図面、勉強法、おすすめの本

腹筋のピッチ

腹筋は一般的に、下図の間隔で配置します。



上図をみて分かるように、腹筋はD10@300の間隔で配筋します。今回紹介した梁せいは1500までですが、それ以上に成る場合は、300ピッチをイメージして腹筋を配置すると良いでしょう。また、梁せいが600mm以下の場合は、腹筋は必要ありません。


梁せいが550なのに、腹筋を入れないように注意しましょう。※ピッチ、梁せいの意味は、下記が参考になります。

鉄筋のピッチってなに?ピッチの意味と、各部材の鉄筋ピッチ

梁せいとは?1分でわかる意味、スパン、梁幅との関係、鉄骨、rcの違い

腹筋の定着長さ

鉄筋には、「定着」という概念があります。これは、ある部材の鉄筋が途切れる場合、途切れた鉄筋を接合しようとする部材のコンクリート断面に対して鉄筋を差し込むことです。


※定着の意味は、下記が参考になります。

定着とは?1分でわかる意味、鉄筋、L2、建築、アンカーボルトとの関係


例えば、柱と梁はコンクリートで一体化されていますが、実は、梁筋自体は柱筋と一体にはなりません。そのため、梁筋を柱に定着させます。


さて、腹筋の定着長さは下記の通りです。

ほとんど、定着長さが無いくらい短いですね。定着長さが短い理由は2つあります。


1つは、腹筋が構造的に不必要な鉄筋であること。前述したように、定着は鉄筋に作用する応力を適切に伝達するために必要です。腹筋は、そもそも構造的に考慮していない(計算で決めていない鉄筋)ので、定着は不要というわけです。


2つ目の理由は、定着させることで構造的に問題となるからです。少し難しい話になりますが説明しましょう。


建物の構造設計を行う時、私たちは「壊れ方」を意識します。梁が先に壊れるのか、あるいは柱なのか、といった具合に考えます。なぜかというと、壊れ方によって耐震性が大きく異なるからです。前述したように、腹筋は構造的に考慮しない鉄筋にも関わらず、「定着」すると、現実問題その腹筋は効いてしまいます。


「鉄筋が増えるから良いじゃないか」と思われるかもしれませんが、そう単純ではありません。鉄筋が増えることで「壊れ方」が変わる可能性があるからです。


但し、腹筋を構造的に考慮する場合は別です。腹筋は普通、施工的に必要な鉄筋ですが、特殊な事情で構造的に考慮することもあるのです。それが、弱軸曲げやねじれ応力によって必要な場合です。この話は、今回の趣旨とは少し外れるので説明は省略します。


では、なぜ定着長さを0にしないのでしょうか。これにも理由があります。後述しました。

腹筋の留め方

最後に腹筋の留め方について説明します。下図をみてください。これは、腹筋とあばら筋の関係を示した図です。



以上のように、あばら筋と腹筋を結束するために、30mmの定着長さが必要なのです。

まとめ

今回は、腹筋について説明しました。腹筋も、必ず意味があって配筋されています。梁せいが大きな梁に対しては、必ず腹筋を入れるようにしましょうね。腹筋のほか、帯筋やスタラップなど、鉄筋の種類を勉強しましょうね。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算

【新発売】図解で効率的にお得に1級建築士対策しませんか?⇒ 全470語を図解で解説!建築構造がわかる基礎「図解集」



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

この用語、図でイメージできる?

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事