1. HOME > 構造力学の基礎 > 2段筋とは?1分でわかる、柱と梁の2段筋のあきと定着

2段筋とは?1分でわかる、柱と梁の2段筋のあきと定着

2段筋の意味をご存じでしょうか。応力が大きい梁では、鉄筋が1段では少ないため2段に配置します。これが2段筋です。ごく一般的に行う配筋方法です。柱は、2段筋を行いませんが、寄せ筋として柱の鉄筋を増加させます。今回は、そんな2段筋のあきや定着、dtや有効せいの考え方を説明します。

2段筋とは?

2段筋は、梁の主筋を下図のように2段とした鉄筋です。

2段筋

梁の応力が大きいと、鉄筋が1段では足りません。梁せいを大きくするのは勿体ないので、鉄筋を増やします。1段で鉄筋が全て配筋できない場合、2段目に配筋します。


2段筋のメリットは、配筋量を増やすことが可能な点ですが、後述するdtの取り方で、耐力は2倍でないことに注意です。

2段筋のあき(間隔)

2段筋にするときも、当然鉄筋のあき寸法を満足させます。下図をみてください。この距離が1段目と2段目の鉄筋のあき寸法です。

2段筋の鉄筋のあき寸法

1、2段の鉄筋がD25の場合、

です。


最近はあまりやらないですが、1段目をD25、2段目をD19とした場合

です。また、2段目の鉄筋は中吊り状態です。これは1段目の鉄筋から吊って配置します。

梁と柱の2段筋例

下図に梁の2段筋の例を示します。応力が多くなりやすい、端部と中央下端が2段筋になりやすいです。中央上端は、特別な理由が無い限り応力が少ないので1段筋で十分でしょう。

2段筋と寄せ筋の違い

柱筋は2段筋としません。その代り、寄せ筋があります。下図をみてください。左図は普通に柱筋を配置しました。右図は、2本の鉄筋を隅部に寄せました。これを寄せ筋といいます。

寄せ筋

寄せ筋にすれば柱主筋本数を増やすことなく、引張鉄筋が増えます。元々5本の引張鉄筋が7本になるわけです。

2段筋の定着

2段筋の定着は、1段筋と方法は変わりません。但し、2段目の鉄筋はあき寸法分、内側へ配置されていること、1段目の鉄筋と定着部が交錯しないよう、注意します(水平定着長さが短いため、鉛直定着長さを大きくするなど)。

2段筋のdtと有効せい

下図の梁をみてください。下端筋が2段です。主筋径をD19としたときの、dtと有効せいを計算してください。

例題 梁の2段筋のdt

梁せいD=800

かぶり=40

STP=D10


dt=40+10+19+31.25/2=84.6⇒90mm

有効せい=800―90=710

です。

まとめ

今回は、2段筋について説明しました。2段筋の意味や、鉄筋のあき寸法の考え方が理解頂けたと思います。2段筋はごく当たり前に行う配筋方法です。dtや有効せいの考え方を理解したいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 2段筋とは?1分でわかる、柱と梁の2段筋のあきと定着
  2. -->