1. HOME > 構造力学の基礎 > 地中梁の配筋とは?1分でわかる意味、配筋の名称、鉄筋の種類と特徴
スポンサーリンク

地中梁の配筋とは?1分でわかる意味、配筋の名称、鉄筋の種類と特徴

地中梁の配筋は、主筋(上端筋、下端筋)とあばら筋、腹筋、幅止め筋で構成されます。一般階の梁と配筋は同じです。ただし、地中梁に作用する応力は大きいので、一般階梁に比べて主筋が太くなりやすいです。今回は、地中梁の配筋、配筋の名称と鉄筋の種類と特徴について説明します。


地中梁、配筋の意味は、下記が参考になります。

地中梁と基礎梁の違いと役割について

配筋とは?1分でわかる意味、読み方、種類、配筋検査、鉄筋の名称

地中梁の配筋とは?

地中梁の配筋は、


主筋(上端筋、下端筋)

あばら筋

腹筋

幅止め筋


で構成されます。地中梁の意味は、下記が参考になります。

地中梁と基礎梁の違いと役割について


下図をみてください。地中梁の配筋を示しました。

地中梁の配筋

主筋の上端筋と下端筋は、曲げモーメントに抵抗する鉄筋です。主筋が無ければ、地中梁は荷重に抵抗できないでしょう。主筋、上端筋、下端筋の意味は、下記が参考になります。

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋

上端筋とは?1分でわかる意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋


また、地中梁は一般階に比べて、荷重が大きくなりやすいです。特に杭基礎の場合、杭に生じる曲げモーメントも地中梁で処理するため、D25以上の鉄筋が必要となります。杭基礎の意味は、下記が参考になります。

杭基礎とは?1分でわかる意味、設計、杭工事の手順、支持層


あばら筋は、地中梁のせん断耐力を高めます。あばら筋の意味は、下記が参考になります。

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算


腹筋、幅止め筋は、あばら筋の形状が崩れないよう設ける鉄筋です。地中梁の耐力と直接関係ないですが、大切な鉄筋です。腹筋の意味は、下記が参考になります。

腹筋(はらきん)ってなに?1分で分かる腹筋の納まりと腹筋の役割

地中梁の配筋と名称、鉄筋の種類と特徴

地中梁の配筋と名称を下図に示します。

地中梁の配筋と名称

鉄筋の種類には下記がありました。


主筋  D16以上を使うことが多い

あばら筋 D10またはD13を使うことが多い

腹筋、幅止め筋  D10を使うことが多い

まとめ

今回は、地中梁の配筋と名称について説明しました。意味が理解頂けたと思います。地中梁の配筋は、主筋、あばら筋、腹筋、幅止め筋で構成されます。それぞれの鉄筋の意味、特徴を理解しましょう。特に主筋とあばら筋の目的は覚えてくださいね。下記の記事も参考になります。

地中梁と基礎梁の違いと役割について


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 地中梁の配筋とは?1分でわかる意味、配筋の名称、鉄筋の種類と特徴
  2. -->