1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 付着とは?1分でわかる意味、読み方、付着強度、定着との違い、建築との関係、付着割裂破壊

付着とは?1分でわかる意味、読み方、付着強度、定着との違い、建築との関係、付着割裂破壊

付着とは、物が他の物にくっつくことです。鉄筋コンクリート部材は、鉄筋とコンクリートに付着力が無いと成り立ちません。今回は付着の意味、読み方、付着強度、定着との違い、建築との関係、付着割裂破壊について説明します。また、付着と似た用語に定着があります。定着の意味は、下記が参考になります。

鉄筋の定着長さの計算方法とフック付き定着について

付着とは?

付着とは、物が他の物にくっつくことです。付着があるおかげで、鉄筋コンクリート造は成り立ちます。鉄筋コンクリートは、鉄筋とコンクリートを組み合わせた材料です。下図をみてください。鉄筋はコンクリートの中に入っています。付着するおかげで、鉄筋を引っ張っても、中々抜けません。

付着とコンクリート

一方、付着が無い場合、鉄筋を引っ張るとコンクリートから簡単に抜けます。


鉄筋が抜けては困るので、鉄筋の周りにはリブ(突起)が付いています。リブの付いた鉄筋を、異形鉄筋といいます。これは付着力を高めるためです。異形鉄筋の意味は、下記が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格、それぞれ

付着の読み方

付着は、「ふちゃく」と読みます。関係する用語の読み方は、下記です。


付着強度 ⇒ ふちゃくきょうど

定着 ⇒ ていちゃく

付着割裂破壊 ⇒ ふちゃくかつれつはかい

付着と定着の違い

付着と定着の違いを、下記に整理しました。


付着 ⇒ 物が他のものにくっつくこと。建築では、主に鉄筋とコンクリートのくっつきやすさ。鉄筋のくっつきやすさ

定着 ⇒ コンクリート部材に、鉄筋をのみ込ませる(鉄筋を、所定の長さコンクリートに挿入する)こと。例えば、柱に梁の鉄筋を定着させる。


両者は異なる意味です。但し、目的は似ています。鉄筋とコンクリートは、別々の部材です。それらを「一体化」させるため、付着と定着の性能が必要です。


所定の定着性能を満足するため、定着長さが規定されます。定着長さは、下記が参考になります。

鉄筋の定着長さの計算方法とフック付き定着について

付着と付着強度

付着の大きさは、付着強度で判断します。付着強度の式は、鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説2010p.198から明記あります。なお、2018年版の鉄筋コンクリート構造計算規準では、付着の規定が改訂されました。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説

付着割裂破壊

付着割裂破壊は、下記が参考になります。

カットオフ鉄筋ってなに?1分で分かるカットオフ鉄筋の意味

まとめ

今回は付着について説明しました。意味が理解頂けたと思います。付着は、物が他の物にくっつくことです。建築では、主に鉄筋とコンクリートの付着のことです。鉄筋とコンクリートは異なる材料です。これらを一体化させるため、付着の性能を高める必要があります。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

鉄筋の定着長さの計算方法とフック付き定着について


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

あなたにおすすめの記事

更新情報

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 付着とは?1分でわかる意味、読み方、付着強度、定着との違い、建築との関係、付着割裂破壊