1. HOME > 構造力学の基礎 > カットオフ鉄筋ってなに?1分で分かるカットオフ鉄筋の意味

カットオフ鉄筋ってなに?1分で分かるカットオフ鉄筋の意味

カットオフ鉄筋の意味をご存じでしょうか。カットオフ鉄筋は、実務では「カットオフ筋」とも言います(今後は、カットオフ筋という名称とします)。


今回はカットオフ鉄筋について説明します。

カットオフ筋ってなに?

下図をみてください。下図は鉄筋コンクリート造の梁をイメージしています。カットオフ筋とは、下図の赤色の鉄筋です。ちなみに、他の鉄筋は左側の端部から、右側の端部まで鉄筋が通っています。これを通し筋と言います。

カットオフ筋の長さは、標準的に下記となります。


ここでLoは、スパンの内法寸法、dはカットオフ筋の呼び径です。例えば、Loが5000、鉄筋がD19の場合、カットオフ筋の長さは1535です。またカットオフ筋は、柱面からの寸法となります。ここに注意してください。


さて、梁の鉄筋は、一般的に「端部(外端)」「中央」「端部(内端)」の箇所、さらに上端、下端(梁の上、下を意味する)の計6カ所の位置に分類できます。


カットオフ筋とは、前述した端部の鉄筋と中央部の鉄筋本数が異なるとき必要です。

 

カットオフ筋と通し筋の関係

端部の鉄筋と中央部の鉄筋が一致するとき、それを「通し筋」といいます。後述する付着割裂の検討で、必要なカットオフ筋の長さが「Lo/4+15d」より大きくなることがあります。


このとき、両端部のカットオフ筋の長さがLoを超える場合があるのです。この場合は、必要に応じて通し筋にすれば良いでしょう。

付着割裂破壊とカットオフ筋の関係

鉄筋コンクリート造の破壊形式で、付着割裂破壊は必ず避けるべき破壊モードとして定められています。


付着割裂破壊の詳細については省略しますが、付着割裂破壊とカットオフ筋の長さは密接な関係があります。つまりカットオフ筋の長さが大きいほど、付着割裂破壊の防止に役立ちます。


よって、付着割裂破壊の検討では必要カットオフ長さを算定し、それを超えるカットオフ長さを設定します。

まとめ

今回は、カットオフ筋について説明しました。カットオフ筋の長さや標準的な長さの計算方法を理解できたと思います。付着割裂破壊については、まだまだ議論の尽きない話題で、鉄筋コンクリート造の規準でも1991年、1999年と年版毎に計算方法が変わっています。


付着割裂破壊については頭の片隅に留めておいて、カットオフ筋がどういったものか、端部筋と中央筋との関係について理解しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > カットオフ鉄筋ってなに?1分で分かるカットオフ鉄筋の意味
  2. -->