1. HOME > 構造力学の基礎 > 定着とは?1分でわかる意味、鉄筋、L2、建築、アンカーボルトとの関係

定着とは?1分でわかる意味、鉄筋、L2、建築、アンカーボルトとの関係

定着とは、鉄筋がコンクリート内から抜け出さないよう埋め込むことです。鉄筋の定着長さ(定着に必要な長さ)は規準があります。今回は定着の意味、鉄筋、L2、建築、アンカーボルトとの関係について説明します。定着長さの意味は、下記の記事も参考になります。

鉄筋の定着長さの計算方法とフック付き定着について

定着とは?

定着とは、鉄筋がコンクリート内から抜け出さないよう挿入することです。下図をみてください。柱に梁の鉄筋が定着されています。定着長さは、鉄筋コンクリート構造計算規準などで規定があります。


定着長さの意味は、下記が参考になります。

鉄筋の定着長さの計算方法とフック付き定着について


定着の方法には、


直線定着

フック付き定着


があります。直線定着、フック付き定着を下図に示します。

直線定着とフック付き定着

フックを付ける分、鉄筋は抜け出しにくいので、定着長さは短くて済みます。フックと定着の関係は、下記が参考になります。

鉄筋のフックってなに?鉄筋のフックの種類と、折り曲げ直径

鉄筋の定着長さ

鉄筋の定着長さを下図に示します。

定着長さ

L2の長さ

定着長さは、コンクリートの設計基準強度や鉄筋径、鉄筋の材質で決定します。設計基準強度の意味は、下記が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


設計基準強度が大きいほど、定着長さは短いです。材質が高強度になるほど、定着長さは長くなります。定着長さは、


40d(dは鉄筋径)


と表します。よって、鉄筋径が大きいほど、定着長さも長くなります。その他、定着長さには細かな規定があります。例えば、柱に対する梁鉄筋の定着長さは、


柱幅(柱せい)の0.75倍以上とする


などです。その他の規定は、鉄筋コンクリート造構造計算規準をご確認ください(下記リンク)。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説

定着と建築の関係

鉄筋コンクリート造の建築物では、定着の性能が重要です。力に耐える鉄筋を配置しても、定着ができていなければ、全く意味が無いからです。

定着のL2とは?

L2とは、下図に示す長さです。

L2と定着長さ

直線定着とフック付き定着で、L2の考え方が違う点に注意しましょう。

定着とアンカーボルトの関係

アンカーボルトの定着も、鉄筋の定着と目的は似ています。地震などで、アンカーボルトがコンクリートから抜け出さないよう、必要な長さ埋め込みます。


アンカーボルトの定着長さを下図に示します。

詳細は、鋼構造接合部指針などをご確認ください。

鋼構造接合部設計指針

まとめ

今回は定着について説明しました。意味が理解頂けたと思います。定着は、鉄筋がコンクリート内から抜け出さないよう埋め込むことです。定着長さの規定は複雑です。鉄筋の材質、鉄筋径、設計基準強度との関係を理解しましょう。定着と似た用語に、付着があります。下記も勉強しましょうね。

付着とは?1分でわかる意味、読み方、付着強度、定着との違い、建築

鉄筋の定着長さの計算方法とフック付き定着について


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 定着とは?1分でわかる意味、鉄筋、L2、建築、アンカーボルトとの関係
  2. -->