1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の溶接とは?1分でわかる種類、意味、エンクローズ溶接、フレア溶接

鉄筋の溶接とは?1分でわかる種類、意味、エンクローズ溶接、フレア溶接

鉄筋継手の方法に、溶接継手があります。鉄筋の突合せ溶接を、エンクローズ溶接といいます。また、隣り合う鉄筋同士の突合せ溶接を、フレア溶接といいます。フレア溶接は、杭頭補強筋の接合に行う方法です。今回は、鉄筋の溶接と種類、意味、エンクローズ溶接、フレア溶接について説明します。※鉄筋の継手は、他にも重ね継手、圧接継手があります。詳細は、下記の記事が参考になります。

圧接とは?1分でわかる意味、資格、径違い、検査、ふくらみの関係

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

鉄筋の溶接とは?

鉄筋継手の方法に、溶接継手があります。鉄筋を溶接して、継手を行います。鉄骨では、溶接は一般的ですが、鉄筋の溶接は行う個所は多くないです。鉄筋の継手は、一般的に


圧接継手

重ね継手


を行うからです。圧接継手、重ね継手の意味は、下記の記事が参考になります。

圧接とは?1分でわかる意味、資格、径違い、検査、ふくらみの関係

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ


鉄筋の溶接継手は、告示1463号に規定があります。告示の一部を下記に整理しました。


・溶接継手は突合せ溶接とすること。ただし、径25mm以下の主筋などは重ねアーク継手溶接(フレア溶接)とできる。※公共工事標準仕様書では、径16mm以下。


・溶接継手の溶接部は欠陥がないものとする


・溶接される鉄筋の強度、性能以上の溶接材料を用いること


溶接の意味は下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

鉄筋の溶接の種類

鉄筋の溶接の種類は、下記があります。


エンクローズ溶接

フレア溶接


エンクローズ溶接は、鉄筋の断面を突合せ溶接することです。フレア溶接は、隣り合う鉄筋同士の突合せ溶接です。※突合せ溶接の意味は、下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

鉄筋の溶接とエンクローズ溶接

鉄筋の断面を突合せ溶接することを、エンクローズ溶接といいます。告示では、径25mmを超える主筋はエンクローズ溶接が必要です。エンクローズ溶接の開先は、I型開先です。

鉄筋の溶接とフレア溶接の関係

隣り合う鉄筋同士を突合せ溶接する方法がフレア溶接です。フレア溶接は、鋼管に杭頭補強筋を溶接するときに行います。下図をみてください。これがフレア溶接です。

フレア溶接

※杭頭補強筋の意味は、下記の記事が参考になります。

杭頭補強筋の設計

まとめ

今回は鉄筋の溶接について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄筋の溶接は、鉄筋継手の1つです。エンクローズ溶接とフレア溶接があります。特に、フレア溶接は杭頭補強筋の接合で一般的です。また、併せて他の継手方法も勉強しましょう。下記の記事が参考になります。

圧接とは?1分でわかる意味、資格、径違い、検査、ふくらみの関係

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の溶接とは?1分でわかる種類、意味、エンクローズ溶接、フレア溶接