1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの静弾性係数は?1分でわかる意味、数値、計算(算出)、圧縮強度との関係
スポンサーリンク

コンクリートの静弾性係数は?1分でわかる意味、数値、計算(算出)、圧縮強度との関係

コンクリートの静弾性係数(せいだんせいけいすう)は、コンクリートの単位体積重量や圧縮強度に比例します。よって鋼のように決まった値(2.05×105N/mu)では無いです。コンクリートの静弾性係数は、計算式から求める必要があります。なお静弾性係数は、「ヤング係数」「弾性係数」ということも多いです。


今回は、コンクリートの静弾性係数の意味、数値、計算(算出)、圧縮強度との関係について説明します。ヤング係数の意味は下記をご覧ください。

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

コンクリートの静弾性係数は?数値

コンクリートの静弾性係数(せいだんせいけいすう)は、下式で計算します。鋼のように一定の値ではなく、単位体積重量(γ)や圧縮強度(σB)に比例します。


E=3.35×104×(γ/2.4)2×(σB/60)1/30


静弾性係数は、単に「弾性係数」や「ヤング係数」といいます。また静弾性係数と似た用語に「動弾性係数」もあります。動弾性係数は供試体に振動を与えて算出します。一方、静弾性係数は、応力とひずみの関係から求めます。弾性係数(ヤング係数)の詳細は下記が参考になります。

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント


下図をみてください。コンクリートの応力―ひずみ関係の概略図です(圧縮強度試験時)。


図 コンクリートの静弾性係数


鋼の応力ひずみ線図と比べて、直線部分が少なく曲線を描いています。つまり静弾性係数も一定ではないです。前述の静弾性係数を求める式は、全国で実施された圧縮強度試験の「実験結果」に基づき求められたものです。

スポンサーリンク

コンクリートの静弾性係数の計算(算出)方法

コンクリートの静弾性係数の計算式を下記に示します。


E=3.35×104×(γ/2.4)2×(σB/60)1/30


実際に静弾性係数を計算しましょう。γ=2.3、σB=24とします。計算結果は下記の通りです。


E=3.35×104×(γ/2.4)2×(σB/60)1/30=3.25×104N/mu


上記の通り、コンクリートの静弾性係数は、鋼の1/10程度になりましたね。鋼のヤング係数は下記をご覧ください。

ss400のヤング率とは?1分でわかる意味、n/mm2、kgf/mm2

コンクリートの静弾性係数と圧縮強度の関係

コンクリートの静弾性係数は、圧縮強度に比例します。コンクリートの圧縮強度は「24N/mu」が一般的です。27⇒30⇒33…と強度を上げるに従い、静弾性係数も高くなります(かたくなる)。


「当たり前だな…」と思うかもしれませんが、鋼は強度を大きくしても静弾性係数は一定です。強度を大きくすると静弾性係数も大きくなるのは、コンクリートならではの特長です。コンクリートの圧縮強度は、下記が参考になります。

コンクリートの圧縮強度と引張強度の関係は?1分でわかる意味、試験

まとめ

今回はコンクリートの静弾性係数について説明しました。意味や数値が理解頂けたと思います。コンクリートの静弾性係数は一定の値が無いです。単位体積重量や圧縮強度に比例するため、計算式から求めます。計算式を暗記する必要は無いですが、計算内容の意味は理解しましょうね。下記も参考になります。

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

コンクリートの圧縮強度と引張強度の関係は?1分でわかる意味、試験

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの静弾性係数は?1分でわかる意味、数値、計算(算出)、圧縮強度との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事