1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss400のヤング率とは?1分でわかる意味、n/mm2、kgf/mm2
スポンサーリンク

ss400のヤング率とは?1分でわかる意味、n/mm2、kgf/mm2

ss400のヤング係数は、2.05×10^5 n/mm2です。ただし、鋼材のヤング係数は全て同じ値です。Ss400だからといって、特別、ヤング係数の値が変わることは無いです。今回は、ss400のヤング係数、意味、n/mm2、kgf/muとの関係について説明します。Ss400、ヤング係数の意味は、下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント


ヤング係数の単位は、下記も参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

工学単位系とは?1分でわかる意味、質量、重量、力、圧力の単位

ss400のヤング率とは?

Ss400のヤング率は、2.05×10^5 n/mm2です。Mpaやgpaで表すこともあります。下記に示します。


2.05×10^5 n/mm2 ⇒ 2.05×10^5 mpa

2.05×10^5 n/mm2 ⇒ 205 gpa


また、鋼材のヤング率は、全て上記の値です。Ss400、sn400、sm400のように、色々な材質がありますが、ヤング率は一定です。Ss400だからといって、特別なヤング率を覚える必要は無いです。


ヤング率の意味、Ss400の特徴は、下記が参考になります。

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー


ただし、鉄筋コンクリートは強度の違いでヤング率が変わります。木は、杉やマツなどの種類でヤング率が変わります。鋼は材質や強度が変わっても、ヤング係数が同じです。とても扱いやすい材料だとわかりますね。


鋼が扱いやすい性質の理由に、「等方性」があります。余裕がある方は、下記も勉強すると良いでしょう。

異方性とは?1分でわかる意味、等方性との違い、異方性材料の例

ss400のヤング率と、n/mm2、kgf/mm2

Ss400のヤング率の単位は、n/mm2を使います。n(ニュートン)を使った単位系を、SI単位系といいます。ただし、古い教科書ではkgfやkg重を使うことも多いです。これを工学単位系といいます。


念のため、SI単位系と工学単位系の違いも理解しましょう。下記が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

工学単位系とは?1分でわかる意味、質量、重量、力、圧力の単位

まとめ

今回はSs400のヤング率について説明しました。意味が理解頂けたと思います。Ss400のヤング率は、2.05×10^5です。ただし、Ss400に限らず、全ての鋼材で同じ値を使います。Ss400だけ、特別なヤング率を使うことが無いので簡単ですね。ただし、鉄筋コンクリートや木では、強度や材質の違いでヤング率が変わるので注意しましょう。ヤング率の意味、Ss400の特徴は、下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss400のヤング率とは?1分でわかる意味、n/mm2、kgf/mm2