建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 流動化コンクリートとは?1分でわかる意味、スランプ、高流動コンクリートとの違い

流動化コンクリートとは?1分でわかる意味、スランプ、高流動コンクリートとの違い

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


流動化(りゅうどうか)コンクリートとは、硬化前のコンクリートに流動化剤を添加し「流動性を高め、ワーカビリティ―を良くした」コンクリートです。また流動化剤を加えて流動性を高めるので、強度を維持したまま作業性を高められます。今回は流動化コンクリートの意味、スランプ、高流動コンクリートとの違いについて説明します。似た用語に高流動コンクリートがあります。詳細は下記をご覧ください。

高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

流動化コンクリートとは?

流動化(りゅうどうか)コンクリートとは、硬化前のコンクリートに流動化剤を添加し、流動性を高め、ワーカビリティー(作業性)を良くしたコンクリートです。


硬化前のコンクリートは粘性のある液状です。硬練りコンクリート(粘性の高いコンクリート)だと、型枠に打設して隅々まで充填させる作業が大変です。


そこで流動化剤(高性能AE減水剤など。洗剤をイメージすると分かりやすい)を加えて、流動性を高めます。流動化剤を加えても強度はそのままです。よって強度を保持しながら、作業性を向上できます。


似た用語に高流動コンクリートがあります。詳細は下記をご覧ください。

高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?


特別な使用用途は無いですが、硬練りコンクリートのため作業性に劣ると判断した場合、流動化コンクリートを用いるでしょう。ワーカビリティの意味は下記が参考になります。

1分でわかるワーカビリティの意味と、スランプとの関係

流動化コンクリートのスランプ

流動化コンクリートのスランプは21cm以下です。流動化コンクリートは、硬化前のフレッシュコンクリートに流動化剤を加えたものです。よって「流動化剤を加えた後のスランプ」だけでなく、元となるコンクリートのスランプにも規定があります。


下表に流動化コンクリートのスランプを整理しました(単位:cm)。

コンクリートの種類 ベースコンクリート 流動化コンクリート
普通コンクリート 15以下 21以下
軽量コンクリート 18以下 21以下

流動化コンクリートは、流動化剤を加える前後でコンクリートの性質が変わります。元のコンクリートを通常の配合のままつくると、流動化後に「材料分離しやすい」ので注意が必要です。対策として細骨材を増やすなどの方法があります。


なおスランプの意味は下記をご覧ください。

コンクリートのスランプ値は?1分でわかる意味と規定、スランプ値、18cm

流動化コンクリートと高流動コンクリートの違い

流動化コンクリートと高流動コンクリートの違いを下記に示します。


流動化コンクリート ⇒ 硬練りコンクリートに流動化剤(高性能AE減水剤など)をあと添加し、スランプを大きく(柔らかく)したもの

高流動コンクリート ⇒ 流動化剤を添加した後も材料分離を起こさず、自己充填するコンクリート


基本的には同じ性質をもつコンクリートです。ただし、高流動コンクリートは材料分離しないものをいいます。詳細は下記が参考になります。

高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?

まとめ

今回は流動化コンクリートについて説明しました。流動化コンクリートとは、硬化前のコンクリートに流動化剤を添加し、流動性を高めたコンクリートです。流動化剤の添加前後でコンクリートのスランプが大きく変わります。材料分離に注意が必要なことも覚えておきましょう。下記も参考になります。

高流動コンクリートと高性能AE減水材とは何か?

建築工事標準仕様書・同解説 5―JASS 5 2018 鉄筋コンクリート工事

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
建築構造がわかる基礎図解集
pdf版の学習記事

更新情報

【こんな自己診断やってみませんか?】

【無料の自己分析】あなたの本当の強みを知りたくないですか?⇒ 就活や転職で役立つリクナビのグッドポイント診断

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 流動化コンクリートとは?1分でわかる意味、スランプ、高流動コンクリートとの違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事