建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 普通コンクリートとは?1分でわかる意味、特徴、空気量、セメント量の規格

普通コンクリートとは?1分でわかる意味、特徴、空気量、セメント量の規格

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


普通コンクリートは、最も一般的なコンクリートです。普通骨材(2.5~2.8g/cm3)を使用したコンクリートともいえます。コンクリートには色々な種類があります。設計、施工などの諸条件に応じてコンクリートの種類を使い分けますが、特段の理由が無い限り普通コンクリートを用います。今回は普通コンクリートの意味、特徴、空気量、セメント量の規格について説明します。


コンクリートには、様々な種類があります。※コンクリートの種類は下記が参考になります。

コンクリートの種類は?よくわかる7種類のコンクリートの特徴

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

普通コンクリートとは?

普通コンクリートは最も一般的に使われるコンクリートです。標準的なコンクリートだと思ってください。また普通骨材(密度2.5~2.8g/cm^3)を使用したコンクリートとも言えます。


なお、軽量骨材を用いたコンクリートを「軽量コンクリート」、重量骨材を使ったものを「重量コンクリート」といいます。軽量コンクリートの詳細は下記をご覧ください。

軽量コンクリートの特徴と使用箇所について


ですから、普通の施工・諸条件や場所で使われるコンクリートは、ほとんどが普通コンクリートです。


「普通の場所ってどんなとこ?」と思いますよね。例えば、北海道や沖縄など寒さや暑さが際立った環境は、特殊な環境です。よって特殊なコンクリートが必要です。また、超高層のRCビルなど、より強いコンクリートが必要な場合なども、特殊なコンクリートが必要です。


そうではない、私たちの生活にありふれたRC造のコンクリートは、普通コンクリートなのです。コンクリートには色々な種類があります。下記をご覧ください。

コンクリートの種類は?よくわかる7種類のコンクリートの特徴

普通コンクリートの特徴、設計基準強度と比重

では、普通コンクリートは何が普通なのか?


簡単に言うと、「強度」と「比重」です。普通コンクリートの設計基準強度は、下記のように定められています。


Fc≦36


これを超えると高強度コンクリートです。設計基準強度に関しては、下記が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


また、普通コンクリートの比重は、下記の通りです。


Fc≦36のとき   23 kN/m3


高強度コンクリートは、普通コンクリートより大きな比重になります。また、軽量コンクリートは普通コンクリートよりも7割も比重が小さくなります。コンクリートの比重に関しては下記の記事が参考になります。

コンクリートの比重は?鉄筋コンクリートとの違い、骨材、鉄筋の影響

普通コンクリートの調合に関する規定

普通コンクリートでも、調合に関する規定が設けられています。下記のとおりです。


空気量        4.5%

最大単位水量     185kg/m3

最小単位セメント量  270kgm3

スランプ       18cm以下(Fc33未満、Fc33以上の場合はスランプ21cm)

荷下ろし温度     寒中10~20°、暑中35°以下


特殊な環境化で使うコンクリートなどは、上記の条件がより厳しくなります。


※コンクリートの空気量、単位水量、スランプの意味は下記が参考になります。

コンクリートの空気量とは?1分でわかる規格、単位、許容値、計算式

単位水量とは?1分でわかる意味、規準、水セメント比、コンクリートの種類との関係

コンクリートのスランプ値は?1分でわかる意味と規定、スランプ値、18cm

まとめ

今回は普通コンクリートについて説明しました。普通コンクリートの調合に関する規格は覚えておきたいですね。また、コンクリートを構成する材料の特徴(セメント、骨材)に関しても、理解しましょう。下記の記事が参考になります。

骨材とは?1分でわかる意味、種類、割合、粗骨材と細骨材の違い、コンクリートとの関係

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

コンクリートの比重は?鉄筋コンクリートとの違い、骨材、鉄筋の影響

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 普通コンクリートとは?1分でわかる意味、特徴、空気量、セメント量の規格
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事