1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 杭の鉄筋は?1分でわかる杭の鉄筋、帯筋、主筋、溶接、スペーサーとの関係

杭の鉄筋は?1分でわかる杭の鉄筋、帯筋、主筋、溶接、スペーサーとの関係

場所打ちコンクリート杭は、現場で鉄筋を組み立てます。柱と同様に、主筋と帯筋が必要です。杭主筋と帯筋を組んだものを、鉄筋カゴといいます。今回は、杭の鉄筋、主筋と帯筋、スペーサーとの関係について説明します。※場所打ちコンクリートは、下記の記事が参考になります。

場所打ち杭とは?1分でわかる意味、コンクリート強度、鉄筋かご、杭径

杭の鉄筋は?

場所打ちコンクリート杭は、柱と同様に、主筋と帯筋が必要です。また現場で主筋と帯筋を組み立てます。下図を見てください。主筋と帯筋の状態を平面的に見た図です。

杭の鉄筋

上図の配筋を、鉄筋カゴといいます。鉄筋カゴの加工、組み立ては色々な規定があります(後述しました)。※場所打ちコンクリート杭の意味は下記の記事が参考になります。

場所打ち杭とは?1分でわかる意味、コンクリート強度、鉄筋かご、杭径

杭の鉄筋と、帯筋、主筋との関係

杭の鉄筋には、帯筋と主筋があります。帯筋と主筋の組立は、「鉄線」で結束します。溶接は行いません。


一方、帯筋の継手は片面10dのフレア溶接を行います。※フレア溶接の意味は、下記の記事が参考になります。

鉄筋の溶接とは?1分でわかる種類、意味、エンクローズ溶接、フレア溶接


なお、主筋本数が多いと、コンクリートが流れにくいです。そこで、主筋を束にして配置できます。下図に、主筋を束にした例を示します。

杭の主筋と束

主筋同士の間隔が10cm以下のとき、主筋を束にするとよいでしょう。

杭の鉄筋と溶接、組み立て方

前述したように、帯筋の継手はフレア溶接を行います。また、鉄筋カゴの形状が崩れないよう「補強リング」を取り付けますが、補強リングと主筋は溶接で留めます。


下図をみてください。これが補強リングです。

杭の鉄筋と補強リング

杭の鉄筋とスペーサーの関係

杭の鉄筋が適切なかぶりを確保できるよう、スペーサーを設けます。スペーサーは、3.0m〜5.0mの間隔で取り付けます。※スペーサーの意味は、下記の記事が参考になります。

鉄筋のスペーサーとは?1分でわかる意味、ドーナツ、ピッチ、ブロック

杭の鉄筋とかぶりの関係

杭の鉄筋も、かぶりが必要です。杭の鉄筋のかぶりは、下記です。


かぶり=100mm


下図をみてください。杭の鉄筋のかぶりは、孔壁から帯筋までの最短距離です。柱や梁、基礎と比べても、大きなかぶりですね。※鉄筋のかぶりは、下記の記事が参考になります。

杭の鉄筋とかぶり

鉄筋の「かぶり」ってなに?かぶりと鉄筋コンクリートの耐久性について

まとめ

今回は杭の鉄筋について説明しました。意味が理解頂けたと思います。場所打ちコンクリート杭は、現場で鉄筋を組み立てます。鉄筋の組み立て方、主筋と帯筋の留め方など覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

場所打ち杭とは?1分でわかる意味、コンクリート強度、鉄筋かご、杭径

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 杭の鉄筋は?1分でわかる杭の鉄筋、帯筋、主筋、溶接、スペーサーとの関係