1. HOME > 鋼構造の基礎 > 開先とは?1分でわかる意味、読み方、種類、記号

開先とは?1分でわかる意味、読み方、種類、記号

開先とは、接合する2つの部材間に設ける「溝」のことです。溝のことを英語で「グルーブ」ともいいます。また、開先を設ける溶接を、完全溶け込み溶接(突合せ溶接)といいます。今回は、開先の意味、種類、記号、読み方について説明します。※完全溶け込み溶接や、溶接の種類、溶接記号は下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

溶接記号の描き方と基礎知識について

開先とは?

開先とは、接合する2つの部材間に設ける溝のことです。下図をみてください。この部分が開先です。

開先

開先は、接合する部材(母材)同士が一体化しやすいよう設けます。開先には色々な形状があります。建築では、「レ形開先」をよく使います。


開先を設けて行う溶接を、「完全溶け込み溶接」または「突合せ溶接」といいます。これは、母材同士を一体化する溶接方法です。完全溶け込み溶接、母材の意味は、下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

母材とは?1分でわかる意味、材料、溶接、鉄骨との関係、対義語


開先は、「溝」のことです。溝は、英語でグルーブといいます。完全溶け込み溶接を、グルーブ溶接ともいいます。


なお、開先を設けない溶接方法が隅肉溶接です。隅肉溶接の意味、特徴は下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

開先の読み方

開先は「かいさき」と読みます。構造設計の実務では、一般的に使う用語なので覚えてくださいね。

開先の種類

開先の種類を下記に整理しました。


I形開先

V形開先

レ形開先

K形開先

X形開先

J形開先

U形開先


建築では主にレ形開先を使います。開先形状は、シンプルである方が加工しやすいです。J形やU形のように、曲線があると開先をつくるのが大変ですよね。


上記は、開先の形状を表す用語です。例えば、I形開先はローマ字の「I」の形です。V形開先なら、Vの形をしています。

I形開先とV形開先

なお、鉄筋と鋼板を溶接するとき、「フレア溶接」を行います。異形鉄筋と鋼板の間にできる溝を「フレア」といいます。※フレア溶接の意味は、下記の記事が参考になります。

フレア溶接とは?1分でわかる意味、脚長、のど厚、記号、溶接長

開先の記号

開先の記号は、形状を表す補助記号を付けます。例えば、レ形開先の溶接記号は下記です。

レ形開先

各開先の記号を下図に示します。

開先の記号と一覧

まとめ

今回は開先について説明しました。意味が理解頂けたと思います。開先は、接合部材に設ける溝のことです。グルーブとも言います。開先を設けて行う溶接が、完全溶け込み溶接です。接合部材を一体化する溶接方法です。完全溶け込み溶接の意味、特徴もぜひ覚えてくださいね。下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 開先とは?1分でわかる意味、読み方、種類、記号