1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の単価は?1分でわかる単価、鉄筋の重さ、径、材質との関係

鉄筋の単価は?1分でわかる単価、鉄筋の重さ、径、材質との関係

鉄筋の単価は、径や材質で変わります。また、その年や地域でも変動します。一般的に、1t当り7万〜9万円で推移します。今回は、鉄筋の単価、重さ、径、材質との関係について説明します。なお、単に「鉄筋」というと、異形鉄筋のことです。異形鉄筋の意味は、下記の記事が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格

鉄筋の単価は?

鉄筋の単価を下図に示します。ただし、下図の単価は2018年12月(東京都)での数値です。実際の単価とは異なるので注意してください。


Sd295aはD10〜D16の径が一般的です。物価版でも、D16までしか単価がありません。D19は流通していません。

sd295aの単価

Sd345とsd295aの単価を比較すると、同じ鉄筋径でもsd345の方が、単価が高いです。材質が高くなるほど、単価も上がると覚えてくださいね。

sd345の単価

sd390の単価

sd490の単価

鉄筋の単価と径、材質による違い

鉄筋の単価は、径と材質で変わります。鉄筋の単価と材質、径の関係を下記に整理しました。


・鉄筋の単価は、径が大きくなるほど高くなりやすい(例外もある、流通が少ない細径鉄筋は高い)。

・鉄筋の単価は、材質が上がるほど高くなる。

鉄筋の重さと単価の関係

鉄筋の単価は、「1t当りの価格」で表記されます。例えば、sd295AのD16の単価は、


73000 円/t


です。D16の重量は1.56kg/mです。D16の鉄筋が1t(トン)になる長さは、


1000/1.56=641m


です。641m使って、ようやく1t(=73000円)です。鉄筋は軽いです。鉄筋を1本増やしても、コストの影響は少ないです。もちろん、不要に鉄筋径を大きくしたり、長さを増やすとコストは高くなります。


鉄筋径と鉄筋の重量を下図に示します。径と重さの関係を理解してくださいね。

鉄筋の重さ

なお、鉄筋径がわかれば、計算で鉄筋重量が求められます。下記の記事も併せて参考にして下さい。

鉄筋の比重は?1分でわかる重量、d13の重量、sd295、sd345の関係

まとめ

今回は鉄筋の単価について説明しました。大まかな鉄筋単価が理解頂けたと思います。鉄筋の単価は、材質や径、地域、年により変動します。具体的に「いくらか?」説明が難しいです。ただし、7万〜9万円/tで推移すると覚えましょう。鉄筋の径、重さは下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

鉄筋の比重は?1分でわかる重量、d13の重量、sd295、sd345

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の単価は?1分でわかる単価、鉄筋の重さ、径、材質との関係