1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のモジュールとは?1分でわかる意味、モジュールの種類、尺、畳との関係

建築のモジュールとは?1分でわかる意味、モジュールの種類、尺、畳との関係

モジュールとは、基準寸法または基本寸法のことです。建築では、主に柱を建てる間隔を決める基準の寸法です。建築物の多くは、所定のモジュールが定められています。モジュールを決めることで統一感がうまれます。今回はモジュールの意味、種類、尺と畳の関係について説明します。


モジュールの例として、黄金比や尺モジュールなどがあります。下記が参考になります。

建築物と黄金比との関係は?1分でわかる意味、計算、白銀比との違い

尺とは?1分でわかる意味、読み方、1尺8寸、cmとの関係、計算

建築のモジュールとは?

モジュールとは、基準寸法または基本寸法のことです。建築で使うモジュールは、主に柱の間隔を決める基準寸法です。建築で使うモジュールに、尺モジュールがあります。尺とは、古くから日本で使われていた寸法です。


1尺=303mm


尺の意味は下記が参考になります。

尺とは?1分でわかる意味、読み方、1尺8寸、cmとの関係、計算


柱の間隔を2尺または3尺ごとなどに建てるのです。


現在、寸法の単位としては、尺などを使いません。mmやmによる寸法が基本です。モジュールも、メーターモジュール(1000mm)が増えています。特に、事務所や商業施設などの住宅より規模の大きな建築物では、メーターモジュールが一般的です。


一方で、尺のモジュールを現在も活用され続けています。外壁などの建材は、製作幅に尺をモジュールとしています。

なぜモジュールが必要か?

モジュールは、寸法に秩序や統一感を与えます。モジュール無しに柱間隔を決めてください。部屋の大きさは不均一で、構造的にもバランスが悪くなります。当然、設計や施工の難易度も上がるでしょう。


よって、規則的な寸法(モジュール)を定めることが大切です。

モジュールの種類

モジュールの種類には、下記があります。


尺モジュール ⇒ 尺を基準寸法とする。1尺は303mm

メーターモジュール ⇒ 1mを基準寸法とする。1mは1000mm

畳割 ⇒ 京間は、畳の大きさ基準寸法とする。


また一般的では無いですが、数列を用いたモジュールもあります。


フィボナッチ数列 ⇒ 前2項を加えてゆく数列のこと。1、2、3、5、8・・・など。

2倍数列 ⇒ 前項を2倍する数列のこと。1、2、4、8・・・など。

モジュールとモデュロールの違い

モジュールとモデュロールの違いを下記に整理しました。


モジュール ⇒ 寸法の秩序を与える、基準寸法のこと

モデュロール ⇒ ル・コルビュジェによって考案された尺度で、黄金比を組み込んでいる。モジュールの1つ。

モジュールと畳割の関係

畳の大きさには、江戸間と京間があります。江戸間は、柱間隔を決めて畳を配置します。一方、京間は畳の大きさを基準として柱間隔を決めます。これを畳割(畳モジュール)といいます。


京間と江戸間の違い、意味は下記が参考になります。

江戸間とは?1分でわかる意味、田舎間、京間との違い、寸法

まとめ

今回はモジュールについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。モジュールは、寸法に秩序を与える基準寸法です。モジュールの意味、種類を覚えましょう。尺モジュール、メーターモジュールは特に大切です。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

尺とは?1分でわかる意味、読み方、1尺8寸、cmとの関係、計算

江戸間とは?1分でわかる意味、田舎間、京間との違い、寸法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のモジュールとは?1分でわかる意味、モジュールの種類、尺、畳との関係