1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格

基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格

基礎下には、普通、砕石や割栗石を敷きます。砕石を敷く目的は、掘削した地盤面の安定化(沈下しないこと)が目的です。今回は、基礎の砕石の意味、割栗石との違い、目的、種類、価格について説明します。※砕石の上は、捨てコンクリートを敷きます。捨てコンクリートは、下記が参考になります。

捨てコンクリートの基礎知識と、役割

基礎の砕石とは?

基礎の下には、普通、砕石や割栗石を敷きます。下図をみてください。直接基礎の断面図です。根切りした地盤面に、砕石を敷き詰めます。その上に捨てコンクリートを敷き、基礎のフーチングをつくります。

基礎と砕石

基礎下に砕石を敷くときの手順を整理しました。


基礎下に使える砕石は、公共建築工事標準仕様書によると、

などです。粒度はJISA5001に規定されるC−40程度を用いて良いです(0〜40mm程度)。砕石を敷き詰める厚さは、普通60mm程度です。


再生クラッシャランは、コストが安く、標準的に使われる砕石の1つです。

スポンサーリンク
 

基礎下に砕石を敷く理由

基礎下に砕石を敷く理由は、「地盤面の安定化」です。根切りをすると、根切り底(砕石を敷き詰める面)が乱されています。乱された土は沈下しやすいので、安定化、平滑化させます。根切り面が安定しないと、基礎が傾く可能性もあるからです。


※根切りの意味、乱された土の意味は、下記が参考になります。

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係

床付けとは?1分でわかる意味、転圧、砕石の関係


また、基礎下を地盤改良する場合、砕石は不要です。地盤改良した地盤は、とても固く沈下しません。砕石を敷く意味が無いのです。

基礎砕石の種類と割栗石

砕石には、色々な種類があります。また、砕石と似た用語の「割栗石」との違いを整理しました。

再生クラッシャランは、コンクリートを砕いたものです。基礎下の砕石として利用可能です。普通の「砕石」は、岩石を砕いたものです。割栗石は、砕石の中でも径が大きなものです。


公共工事標準仕様書では、再生クラッシャランが標準的に利用できます。

基礎砕石の価格

前述した砕石は、価格が大きく違います。下記に砕石の価格を整理しました。単位は「円/m^3」です。なお、価格は常に変動します。下記の値は参考程度に留めてくださいね。


割栗石の方が、とても高価だと分かりますね。再生クラッシャランが最も安価です。再生クラッシャランは、コンクリートを砕いたものなので、環境にも優しいです。

まとめ

今回は砕石について説明しました。意味が理解頂けたと思います。砕石の目的を理解してください。また、公共工事で標準的に使う砕石が何か、覚えておきましょう。今回紹介した砕石の価格は参考ですが、「再生クラッシャランが最も安価」と考えて良いです。砕石と勉強した後は、捨てコンクリートも理解してくださいね。

捨てコンクリートの基礎知識と、役割

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格