1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 仙田満さんの遊環構造とは?人が集まる建築のつくりかた、マツダスタジアムの秘密

仙田満さんの遊環構造とは?人が集まる建築のつくりかた、マツダスタジアムの秘密

仙田満(せんだみつる)さんは、環境デザイン研究所を設立された建築家です。遊環構造(ゆうかんこうぞう)を提唱されました。仙田満さんによると、「人が集まる建築」は、面白そうと思わせることが大事と説かれています。今回は、仙田満さんの遊環構造、人が集まる建築のつくりかた、について紹介します。


なお、今回の記事は、下記の書籍を読んだ感想を含みます。有名建築家の「設計のエッセンス(ポイント)」が学べる本は、本当に貴重ですよ。建築を学ぶ方に、是非お勧めしたい本です。

人が集まる建築 環境×デザイン×こどもの研究 (講談社現代新書)

仙田満さんの遊環構造とは?

仙田満さんが提唱される遊環構造は、下記の特徴があります。


・循環機能がある、回遊性がある

・その循環が安全で変化に富んでいる

・シンボル性の高い空間、場がある

・その循環にめまいを体験できる

・その循環が一様ではなく、近道がある

・循環に大きな広がりが取り付いている

・全体がポーラス(多孔的)な空間で構成されている


難しい用語の説明をしますね。まず「めまい体験」とは、肉体的精神的に一時的なパニックを楽しむことです。これはフランスの社会学者ロジェ・カイヨウが提唱しました。


「ポーラスな空間」は、閉鎖的でなく回遊性のある開放的な空間です。上記の遊環構造をイメージすると、開放的で子供たちが喜びそうな「遊び場のような空間」のように思います。


そんな遊環構造が取り入れられた建築物が、「マツダスタジアム」です。広島駅から徒歩で行ける距離にあり、広島カープのホームスタジアムです。


このスタジアムは、旧広島市民球場を建て替えたもので、建て替え後の入場者数は、旧市民球場の2倍にも増えたそうです。


単に「新しい球場だから」ではなく、素晴らしいデザインが生んだ結果だと思います。詳しくは、下記内に書いてあります。

人が集まる建築 環境×デザイン×こどもの研究 (講談社現代新書)

仙田満さんの、人が集まる建築のつくりかた

仙田満さんの「人が集まる建築」を読むと、こう書いてあります。

人が集まる建築 環境×デザイン×こどもの研究 (講談社現代新書)


人間の意欲には「面白そうだ⇒実際にやってみた⇒やってみた⇒満足した⇒感動した⇒もう一度行ってみよう」というサイクルがある


つまり、人が集まる建築をつくるには、「まず、面白い」と思わせること。確かに、人が集まる話題になる建築物は、人々を面白いと思わせる仕掛けがどこかにありますね。

まとめ

今回は仙田満さんの遊環構造、人が集まる建築のつくりかたについて紹介しました。仙田満さんの「人が集まる建築」を読みましたが、面白い考え方が沢山ありました。こういった、有名建築家の方の「設計のエッセンス」がわかる本は勉強になります。皆さんも是非読んでみましょう。

人が集まる建築 環境×デザイン×こどもの研究 (講談社現代新書)


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 仙田満さんの遊環構造とは?人が集まる建築のつくりかた、マツダスタジアムの秘密