1. HOME > 鋼構造の基礎 > sm490aとは?1分でわかる意味、規格、比重、ヤング率、板厚と降伏点との関係
スポンサーリンク

sm490aとは?1分でわかる意味、規格、比重、ヤング率、板厚と降伏点との関係

sm490aは、sm材の種類の1つです。sm400に比べて降伏耐力や引張強度が高いことが特徴です。今回はsm490aの意味、規格、比重、ヤング率、板厚と降伏点の関係について説明します。sm材の特徴、sm400a、sm400bの規格などは下記が参考になります。

SS,SN,SM材

sm400とは?1分でわかる規格、特徴、成分、材質、ss400との違い

sm400bとは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、板厚(厚み)との関係

sm490aとは?

sm490aとは、sm材の種類の1つです。sm材の特徴は、下記が参考になります。

SS,SN,SM材


sm400に比べて降伏耐力や引張強度が高いことが特徴です。例えばsm400aの降伏耐力が235N/muに対して、sm490aの降伏耐力は325です。当然、引張強度もsm400aより大きいです。sm400aの規格は、下記が参考になります。

sm400とは?1分でわかる規格、特徴、成分、材質、ss400との違い


一般的な鋼材より強度が高いので、応力の大きな箇所に用います。

sm490aの規格、板厚と降伏点の関係

sm490aの規格、板厚と降伏点の関係を下図に示します。

sm490aの板厚と降伏点

下図に、sm490aの化学成分を示します。

sm490aの化学成分

sm400a、sm400bの規格は下記が参考になります。

sm400とは?1分でわかる規格、特徴、成分、材質、ss400との違い

sm400bとは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、板厚(厚み)との関係

sm490aの比重

sm490aの比重は、


7.85


です。ただし、sm490aに限らず鋼材の比重は全て、上記と同じ値です。意外かもしれませんが、鋼はコンクリートに比べて3倍も比重が大きいです。他材料の比重、密度などは下記が参考になります。

比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係

密度の記号は?1分でわかる密度の意味、記号の読み方、力学の記号

sm490aのヤング率

sm490aのヤング率は、


2.05×10^5


です。sm490aのヤング率は、他鋼材と同じ値です。材種が変わってもヤング率は同じです。ヤング率の意味は、下記が参考になります。

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

まとめ

今回はsm490aの規格などについて説明しました。理解頂けたと思います。sm490aは、sm400aなどに比べて降伏耐力や引張強度が大きいです。荷重が大きい箇所に用いる材種と考えてください。sm490aと併せて、sm400aとの違いや規格、sm材の特徴も勉強しましょう。下記が参考になります。

SS,SN,SM材

sm400bとは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、板厚(厚み)との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > sm490aとは?1分でわかる意味、規格、比重、ヤング率、板厚と降伏点との関係