1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 密度の記号は?1分でわかる密度の意味、記号の読み方、力学の記号

密度の記号は?1分でわかる密度の意味、記号の読み方、力学の記号

密度は、物の質量を体積で割った値です。同じ体積の物でも、密度が大きい方が重くなります。密度の記号は、「ρ(ろー)」似た用語で、比重、単位体積重量があります。比重は、物の密度を水の密度で除した値です。単位体積重量は、密度と同じ意味で使います。今回は、密度の記号、密度の意味、記号の読み方、力学の記号について説明します。※比重、単位体積重量の意味は、下記の記事が参考になります。

比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

密度の記号は?

密度の記号は、


ρ(ろー)


です。p(ぴー)に似ています。pはローマ字ですが、ρはギリシャ文字です。よく見ると、形が違います。物理や建築の実務、構造力学では、特に断りなく「ρ」を密度の記号として使います。例えば、


ρ=5.0 kg/cm^3


と書いてあれば、密度が5.0と考えてください。

密度の意味

密度は、1立方センチメートル当たりの質量です。物の質量を、体積で除した値ともいえます。


例えば、1.0m^3の木材とコンクリートがあります。どちらの質量が大きいでしょうか。当然、コンクリートの方が大きいです。同じ体積でもコンクリートの質量が大きい理由は、「密度の違い」です。


建築の実務では、密度のことを「単位体積重量」ともいいます。単位体積重量は密度と同じ意味だけでなく、「重量を体積で除した値」として使います。単位体積重量の記号は、「γ(がんま)」です。単位体積重量の意味は、下記の記事が参考になります。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方


また、密度と併せて「比重」の意味も理解しましょう。比重は、物の密度を水の密度で除した値です。※比重の意味は、下記の記事が参考になります。

比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係

密度の記号と読み方

密度の記号と読み方を下記に整理しました。


ρ ⇒ ろー


よく使う記号なので、必ず覚えてくださいね。

力学の記号

力学では、密度だけでなく色々なギリシャ文字を記号として使います。下記に、力学で使う記号の例を紹介します。


ν(にゅー) ⇒ ポアソン比

γ(がんま) ⇒ 単位体積重量

ρ(ろー) ⇒ 密度


力学で使う記号は、下記の記事も参考になります。

構造計算の記号とは?1分でわかる記号の種類、一覧、読み方、応力

まとめ

今回は密度の記号について説明しました。意味が理解頂けたと思います。密度の記号はρで表します。読み方は「ろー」です。物理、建築の実務で当たり前に使う記号です。意味と記号の読み方を覚えてくださいね。また、下記の記事も併せて勉強しましょう。

比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 密度の記号は?1分でわかる密度の意味、記号の読み方、力学の記号