1. HOME > 構造計算の基礎 > 比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係

比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係

比重には単位がありません。単位の無い数値を無次元数といいます。比重に似た用語に、単位体積重量があります。これは密度と同じ意味です。今回は、比重の単位、意味、単位換算、比重と密度の計算、L(リットル)との関係について説明します。※単位体積重量は、下記の記事が参考になります。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

比重の単位は?

比重には単位がありません。単位の無い数値を無次元数といいます。比重は、物の密度を、水の密度で割った値です。水の体積は都合の良いことに、概ね1.0g/cm3です。よって、比重と密度は単位が違うだけで、値は全く同じです。


比重は下式で計算できます。

例えば、鋼の密度は7.85g/cm3です。よって鉄の比重は、

です。ところで、密度は一般用語ですが、建築では「単位体積重量」といいます。単位は「t/m3」や「kN/m3」です。意味は、密度と同じです。下記の記事が参考になります。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方


※なお、比重と同じように、「ひずみ」は無次元数です。ひずみは建築の専門用語の1つです。下記の記事が参考になります。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力


ちなみに、気体の比重は、空気の体積を標準にしています。空気の体積は1.0でないため、比重の値と密度の値が一致しません。

比重と密度の計算と単位換算

前述したように、比重から密度を計算する方法は簡単です。

だからです。鋼の比重は7.85なので、密度も7.85g/cm3です。また建築では、密度の単位をt/m3としますが、7.85t/m3です。


下記の単位は、全て同じ数値です。

比重とL(リットルの計算)

密度をg/cm3ではなく、L(リットル)で表すとき、kg/Lとなります。よって、

です。10cm×10cm×10cm=1Lなので、g/cm3からkg/L(=1000g/L)が導けます。


下記の例題を考えてください。

比重が2.0と分かっています。比重と密度は同じ値なので、液体の密度は、

です。前述したcm3とLの関係より、重さは2.0kgですね。

まとめ

今回は比重の単位について説明しました。意味が理解頂けたと思います。比重には単位がないことを覚えてください。また、比重の値と、密度の値は一致すると覚えましょう。密度の単位は、g/cm3が一般的ですが、建築ではt/m3を使います。この2つの単位は、値の桁が変わらないので、使いやすいです。比重の意味を理解した後は、単位体積重量について勉強しましょうね。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 比重の単位は?1分でわかる意味、単位換算、密度の計算、Lとの関係