1. HOME > 鋼構造の基礎 >sn400cとは?1分でわかる意味、規格、特徴、板厚の関係
スポンサーリンク

sn400cとは?1分でわかる意味、規格、特徴、板厚の関係

sn400cは、建築構造用圧延鋼材の1つです。C材は厚み方向の伸び能力があるため、ダイアフラムや柱脚のベースプレートに使います。一般的にsn490cを用いますが、柱や梁の材質が低い場合、sn400cを使います。今回は、sn400cの意味、規格、特徴、板厚との関係について説明します。sn400b、sn490cの規格は、下記が参考になります。

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い

sn400cとは?

sn400cは建築構造用圧延鋼材の1つです。sn490cに比べて強度が低いですが、変形能力に優れる材質です。特に、厚み方向の伸び能力があるため、ダイアフラムや柱脚のベースプレートに用います。


下図をみてください。


sn400c ダイアフラム


ダイアフラムには厚み方向に大きな力が作用します。よって、厚み方向に割れない材質であるsn490cを使うことが多いです。ただし、柱や梁の強度が小さい場合、sn400cを用います。sn490cの規格は、下記が参考になります。

SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い

sn400cの特徴

sn400cの特徴を下記に示します。


・板厚方向の伸び能力に優れる

・sn490cに比べて強度が小さいため、柱や梁の強度が高い場合、利用できない。


sn490cの特徴は下記が参考になります。

SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い

sn400cの規格、重量

sn400cの規格と重量を下記に示します。

sn400cの規格

sn400cの化学成分、降伏強度、降伏比、伸び、エネルギー吸収を示します。

化学成分

降伏強度

降伏比

伸び

シャルピー吸収エネルギー

sn400cの重量

sn400cの密度は78.5kN/m3です(7.85t/m3)。sn400cの鋼材の重量を求めるには、前述した密度に体積をかけて求めます。

sn400cと板厚の関係

sn400cの板厚は、16以上〜100mm以下が適用範囲です。鉄骨造では9mmや12mmなどの薄い板厚の鋼材を使うことも多いですが、

まとめ

今回はsn400cについて説明しました。sn400cの意味、規格が理解頂けたと思います。sn400cは、sn490cに比べて強度が低い材質ですが、板厚方向の伸び能力に優れます。柱や梁の強度が低ければ、ダイアフラムやベースプレートに用いることが可能です。sn490cの規格は、下記も参考にしてくださいね。

SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > sn400cとは?1分でわかる意味、規格、特徴、板厚の関係