建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い

SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


SN490Cは、建築構造用圧延鋼材の1つです。主に、柱梁接合部の「ダイアフラム」に利用します。また、ベースプレートに使うこともあります。今回は、SN490Cの意味や規格、SN490Bとの違い、重量、メリット・デメリット(特徴)、JIS G 3136について説明します。※SN400C、SN490B、SN400Bについては下記が参考になります。

SN400Cとは?1分でわかる意味、規格、特徴、板厚の関係

SN490Bとは?1分でわかる規格、SN490C、SM490Bとの違い、密度

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

SN490Cとは?

SN490Cは建築構造用圧延鋼材の1つです。他のSN材と同様に、変形性能に優れた鋼材です。また「C材」はA材やB材に比べて、板厚方向の割れ(ラメラテア)性能が大きく改善されています。よって、C材はダイアフラムやベースプレートなど引張力が作用する部材に使います。

ダイアフラムとSN490C

※ダイアフラム、柱梁接合部については下記が参考になります。

ダイアフラムはなぜ必要か?覚えるべきたったの3つの種類と特徴

柱梁接合部とは?1分でわかる意味、せん断力、耐力、帯筋間隔、鉄骨造


また、ラメラテア耐性については下記が参考になります。

板厚方向とは?1分でわかる意味、絞り値、ラメラテア、引張力との関係


鉄骨のラーメン構造は、柱をBCR295、大梁SN400B材を使うことが多いです。このとき、BCR295の降伏強度は295N/m㎡なので、ダイアフラムも295以上の降伏強度とします。よって「SN400C」では降伏強度が足らず、SN490Cが必要です。※BCR295については、下記が参考になります。

BCR295の規格が丸わかり!BCR材のサイズと断面性能、重量、STKR材との違い


SN490Cは、建築構造用鋼材の中で最も強度が高く、化学成分の規定が厳しい鋼材です。メリットも多いですが、デメリットもあります。下記に整理しました。

SN490Cを使うメリット(特徴)

・SN400Cに比べて(C材に比べて)強度が高い

・SN490Bに比べて(B材に比べて)板厚方向の変形性能が良い

SN490Cを使うデメリット(特徴)

・SN400Bと剛性は同じ(変形が厳しい場合、メリットが無い)

・高価である


SN490C材は、元々柱や梁に使わない鋼材です。ダイアフラム、ベースプレートの利用を想定すると、幅厚比や横補剛などのデメリットは無いです。ただ、他の鋼材に比べて高価なので、不用意に使っていないか注意しましょう。


例えば、柱、梁共に400N/m㎡級の鋼材を使うなら、ダイアフラムにSN490Cを使う必要は無いです。

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

SN490Cの規格、密度、重量

下記にSN490Cの規格を示します。なお、SN490Cの密度、密度は78.5kN/m3です。

SN490Cの規格

以降、化学成分、降伏強度、降伏比、伸び、シャルピーエネルギー吸収特性、板厚方向の特性を示します。

化学成分

降伏強度

降伏比

伸び

シャルピーエネルギー吸収特性

板厚方向


SN490Cは、厚さ方向の特性が規定されています。「絞り値」とは、厚さ方向の変形性能を表し、値が大きいほど変形性能が良いです。

スポンサーリンク
 

SN490Cの重量

SN490Cの重量は、形鋼や鋼板の形状毎に違います。密度は78.5kN/m3なので、所定の立米数を掛ければ求められます。

建築構造用圧延鋼材とSN490Cの関係

SN490Cは建築構造用圧延鋼材の1つです。下図に建築構造用圧延鋼材とSN490Cの関係を示しました。

建築構造用圧延鋼材とSN490B

SN490Cの他に、SN材とつく材料は4つあります。※建築構造用圧延鋼材については、下記が参考になります。

建築構造用圧延鋼材とは?1分でわかる意味、種類、読み方、特徴、記号

SS,SN,SM材とは?

SN490Cの厚み

SN490Cは適用可能な板厚が規定されています。下記に示しました。

SN490Cの厚み

鋼板の厚みが16mm未満だと、SN490Cは適用できませんね。

SN490CとJIS G 3136

SN490CはJIS規格品です。建築構造用圧延鋼材として、JIS G 3136に規定されています。

SN490CとSN490Bの違い

SN490CとSN490Bの大きな違いは、「板厚方向の変形性能」です。SN490Cでは、板厚方向に引張力が作用しても「割れにくい」です。そのため、ダイアフラム、ベースプレートなどに利用されます。※SN490Bについては、下記が参考になります。

SN490Bとは?1分でわかる規格、SN490C、SM490Bとの違い、密度

まとめ

今回はSN490Cについて説明しました。SN490Cの規格など理解頂けたと思います。SN490Cは、主にダイアフラムやベースプレートに利用される鋼材です。なぜ利用されるのか、どんな特徴があるのか理解しましょう。下記も参考になります。

SN400Cとは?1分でわかる意味、規格、特徴、板厚の関係

SN490Bとは?1分でわかる規格、SN490C、SM490Bとの違い、密度

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > SN490Cとは?1分でわかる規格、厚さ、重量、特徴、SN490Bとの違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事