1. HOME > 鋼構造の基礎 > SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

SN400Bは、建築構造用圧延鋼材の1つです。建物の変形性能を考慮した鋼材で、主に梁として使います。今回は、SN400Bの規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係について説明します。

SN400Bとは?

SN400Bは、建築構造用圧延鋼材の1つです。建築構造用圧延鋼材は、他に4種類あります。例えばSN490Bです。※下記の記事が参考になります。

SN490Bとは?1分でわかる規格、SN490C、SM490Bとの違い、密度


SN400Bは、建物の変形性能を考慮した鋼材です。降伏比やシャルピー衝撃係数などが設定されています。※降伏比は下記の記事が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

主にH形鋼の梁として利用され、SS400よりも流通した影響で価格も下がっています。


軽微な建物では、建物の塑性域を考慮せずに設計します(強度を高める設計法)。一方、比較的規模のある建物は変形性能を高めて、地震力を効率的に吸収できる設計とします。


従来のSS400は、そういった設計法に対応していませんでした。


SN400Bなどの建築構造用圧延鋼材は、SS400の欠点を補う形で生まれた比較的新しい鋼材です。SN、SM、SS材については下記の記事が参考になります。

SS,SN,SM材とは?

最近は、比較的小さな建物でもSN400Bを使う傾向にあります。また、公共建築物などはSN400Bの仕様が一般的です。

SN400Bの規格

SN400Bの規格を下記に示します。

SN400Bの規格


SN400Bの規格


SN400Bの規格

SN400BとSS400との違い

SN400BとSS400の違いを下記に整理しました。

SN400B

・塑性設計を考慮した鋼材

・降伏比、シャルピー衝撃係数などの規定値あり

・その他、化学成分の規定値が設けられている

SS400

・塑性設計は特に考えていない鋼材

・降伏比、シャルピー衝撃係数は考えていない

・化学成分の規定値は、SN400Bに比べて緩い

SN400Bの重量

SN400Bの重量は、SS400や他鋼材と同じです。鋼材の密度は、

です。あとは形状に応じて重量が決定します。

SN400BとH形鋼との関係

SN400BはH形鋼に多く利用されます。


そもそも鉄骨造の梁は、普通H形鋼を使います。最近は、SN400BがSS400よりも安い影響や、SN400Bの方が優れた鋼材であることから、H形鋼の材質はSN400Bが主流です。


ただし高い強度が必要の場合、SN400BからグレードアップしてSN490Bとします。

まとめ

今回はSN400Bについて説明しました。SN400Bの特徴や規格をよく理解してください。最近、鉄骨造の梁はほとんどがH形鋼でSN400B材です。一般的な鋼材なので、大まかな性質も覚えておきたいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係