建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造計算の基礎 > ワイヤーの安全係数は?1分でわかる意味、つり部材と安全係数の関係

ワイヤーの安全係数は?1分でわかる意味、つり部材と安全係数の関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


ワイヤーの安全係数とは、ワイヤーの破断荷重を、作用荷重の最大値で除した値です。値が大きいほど、建築物を施工するとき、材料をワイヤーで吊り所定の位置まで運びます。もし、ワイヤーが切れたら、大変な事故になりますね。よって、ワイヤーには安全係数が考慮されています。今回はワイヤーの安全係数の意味、つり部材と安全係数の関係について説明します。※似た用語で、安全率があります。安全率の意味は、下記が参考になります。

安全率ってなに?色んな材料の安全率と降伏強度との関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

ワイヤーの安全係数は?

建築材料を高い位置に運ぶとき、ワイヤーを使って材料を釣ります。または、既に建て方済みの鉄骨部材から、足場を釣ることもあります。これらの吊り部材が、荷重により破断すれば大きな事故が起きます。よって、吊り部材には「安全係数」が設定されます。


物を吊るときは、所定の安全係数を超えない重さになるよう注意します。安全係数は、必ず1を超える値です。建築で使う吊り部材では、安全係数は4~10程度です。


安全係数が大きいほど、吊れる重さは小さくなります(ただし、破断荷重の大きさによる)。


似た用語で、安全率があります。これは、部材に生じる応力度を、許容応力度で除した値です。安全率は、必ず1.00以下に抑えます。安全係数と考え方、意味が違うので注意してください。安全率の意味、詳細は下記が参考になります。

安全率ってなに?色んな材料の安全率と降伏強度との関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

安全係数の求め方

安全係数は下式で計算します。


安全係数=ワイヤーの破断荷重÷ワイヤーに作用する最大荷重


建築物の施工に用いる吊り部材には、それぞれ安全係数が規定されます。この安全係数を確保するよう、つり部材で運ぶ重さを決定します。例えば破断荷重が10tの吊りワイヤーロープがあります。安全係数は10なので、ワイヤーロープに吊れる質量は、


W=10t/10=1.0t


です。ワイヤーロープの安全係数は、10以上なので、11や12という値を用いて、仕様荷重を求めても良いです。破断荷重が10t、安全係数が5.0のとき、吊れる質量は


W=10t/5=2.0t


です。安全係数が小さいほど、吊れる重さが大きいとわかりますね。

各つり部材と安全係数の関係

各つり部材と安全係数の関係を整理しました。


吊りワイヤロープ 10以上

吊りチェーン、吊りフック 5以上

台付けワイヤロープ 4以上

玉掛けワイヤロープ 6以上

杭打機、杭抜き機の巻き上げワイヤロープ 6以上


上記は、一級建築士試験でも頻出します。ぜひ、覚えてくださいね。

つりワイヤーロープとキンク

つりワイヤーロープは、キンクしたロープを使いません。キンクとは、ねじれたロープの状態です。

まとめ

今回は安全係数について説明しました。意味が理解頂けたと思います。安全係数は、ワイヤーの破断荷重を、作用する最大荷重で除した値です。安全係数の求め方、公式を覚えてくださいね。また、各つり部材の安全係数を覚えると、一級建築士試験で役立ちます。下記の記事も併せて参考にしてください。

安全率ってなに?色んな材料の安全率と降伏強度との関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造計算の基礎 > ワイヤーの安全係数は?1分でわかる意味、つり部材と安全係数の関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事