1. HOME > 構造計算の基礎 > 常時荷重とは?1分でわかる意味、常時と地震時の違い、安全率との関係

常時荷重とは?1分でわかる意味、常時と地震時の違い、安全率との関係

常時荷重とは、建築物に常に作用する荷重のことです。長期荷重ともいいます。常時とは逆に、短期的に作用する荷重を、短期荷重といいます。常時荷重の例として、自重、積載荷重などがあります。長期荷重、短期荷重の意味は、下記の記事が参考になります。

長期荷重・短期荷重

常時荷重とは?

常時荷重とは、常に作用する荷重のことです。「常に」とは、建築物が存在する期間中、作用し続けることです。常時荷重は、長期荷重ともいいます。建築の実務や、建築の構造力学では長期荷重ということが多いです。


長期荷重とは反対に、短期的に作用する荷重を、短期荷重といいます。※長期荷重の意味は、下記の記事が参考になります。

長期荷重・短期荷重

常時荷重の種類

常時荷重の種類は、下記があります。


自重

積載荷重(人の重さ)


自重とは、建築物そのものの重さです。自重の意味は、下記の記事が参考になります。

自重とは?1分でわかる意味、建築物、梁、コンクリートでの計算、読み方


積載荷重の例として、人の重さがあります。建築物の用途に応じて、人の重さは変わります。例えば、住宅は多くて10数人程度の人が集まります。一方、集会場やデパートでは数百人の人がいます。この違いは、積載荷重に反映されます。積載荷重の意味は、下記の記事が参考になります。

積載荷重ってなに?1分でわかる意味と実際の構造計算


また、特殊な常時荷重として、「多雪区域の積雪荷重」があります。多雪区域の積雪荷重の詳細な意味は、下記の記事が参考になります。

積雪荷重とは?1分で分かる計算方法と地域による違い

常時荷重の読み方

常時荷重は、「じょうじかじゅう」と読みます。関係する用語の読み方を、下記に整理しました。


常時 ⇒ じょうじ

短期 ⇒ たんき

短期荷重 ⇒ たんきかじゅう

常時と地震時の違い

常時と地震時の違いを下記に整理しました。


常時 ⇒ 地震や台風、積雪などが起きない状態のとき

地震時 ⇒ 地震が起きた状態のとき


日本では、地震が頻発します。大規模な災害を起こす短期荷重です。よって、建築業界では、常時との対比として「地震時」を用います。


地震力の意味は、下記の記事が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

常時と地震時、安全率との関係

許容応力度設計では、常時と地震時の応力度に対して、許容応力度が上回っている必要があります。常時と地震時の許容応力度、安全率の関係は下記です。


常時の許容応力度=地震時の許容応力度÷1.5


「1.5」を、安全率といいます。※安全率の意味は、下記の記事が参考になります。

安全率ってなに?色んな材料の安全率と降伏強度との関係

まとめ

今回は常時荷重、常時の意味について説明しました。意味が理解頂けたと思います。常時荷重は、常に作用する荷重のことです。自重や積載荷重があります。常時荷重と常時の意味を覚えてくださいね。また、建築では「長期時」「長期荷重」という言い方が一般的です。下記の記事も併せて参考にしてください。

長期荷重・短期荷重

積載荷重ってなに?1分でわかる意味と実際の構造計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 常時荷重とは?1分でわかる意味、常時と地震時の違い、安全率との関係