1. HOME > 構造計算の基礎 > 梁間とは?1分でわかる梁間の意味、読み方、桁行との違い

梁間とは?1分でわかる梁間の意味、読み方、桁行との違い

梁間は、建物の短手方向を表す用語です。建築の実務では、短手方向を「梁間方向」といいます。また妻面ともいいます。他にも、「張間」「はり間」のように違う用語があります。今回は、そんな梁間の意味、読み方、桁行との違い、「梁間」と「張間」の違いについて説明します。

梁間とは?

梁間とは、建物の短手方向を表す用語です。建物構造(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)に関わらず、この用語を使います。ただし、構造図は構造計算書との対応から「X、Y方向」を図示するため、「X方向」「Y方向」ともいいます。下図をみてください。赤枠部分が梁間です。

梁間

梁間方向のスパンが狭いと、一般的に窮屈な空間になります。梁間スパンに比べて、桁行のスパンが大きいと構造的にもバランスの悪い建物です。

梁間が狭い

梁間の読み方、はり間・張間の違い

梁間は「はりま」と読みます。


また、「はり間」「張間」という用語がありますが、これらは全部同じ意味です。参考書によって使い方はさまざまです。

梁間と桁行の違い

梁間に対して、桁行という用語があります。桁行は、長手方向を表す用語です。構造計算や構造図では、X方向を示します。下図をみてください。これが桁行方向です。

桁行方向

桁行は、「けたゆき」と読みます。

梁間の寸法

梁間の寸法は、主に3〜15m程度が一般的です。狭小住宅になると、梁間スパンが2m台のケースもあります。

まとめ

今回は梁間について説明しました。梁間は建築の実務でよく使う用語です。意味を理解しましょう。また梁間と桁行との違いも覚えておきたいですね。ごく当たり前の用語なので、「はりま」「けたゆき」の読み方を勘違いしないよう注意しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 梁間とは?1分でわかる梁間の意味、読み方、桁行との違い