1. HOME > 構造計算の基礎 > 長手方向とは?1分でわかる定義、建築での使い方、周方向、短手方向

長手方向とは?1分でわかる定義、建築での使い方、周方向、短手方向

長手方向とは、長方形の距離の長い方向を示す用語です。短い方向を、短手方向といいます。円形の断面では、周方向、半径方向があります。今回は、長手方向の意味、定義、建築での使い方、短手方向、円周方向との違いについて説明します。※建築では、方向を示す言葉沢山あります。下記の記事も参考になります。

梁間とは?1分でわかる梁間の意味、読み方、桁行との違い

長手方向とは?

長手方向とは、長方形の距離が長い方向を示す用語です。短い方向を、短手方向といいます。長手方向と短手方向を下図に示します。

長手方向、短手方向

長手方向と建築での使い方

建築では、長手方向、短手方向という機会は多いです。下記に整理しました。


構造部材に「スラブ(鉄筋コンクリートの床)」があります。普通、スラブは長方形です。スラブは長手方向と短手方向で、応力、たわみが違います。よって、配筋は「長手方向、短手方向」に分けて示します。


※スラブについては下記が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間


実務では、建物自体の方向を示すとき、「長手方向、短手方向」を使うことがあります(※ただし、長方形の建物のとき)。


その他、長方形の物で、距離が長い方向は「長手方向」、距離が短い方向は「短手方向」といいます。実務では、色々な場面で使う用語ですね。

長手方向と周方向、短手方向の違い

長手方向と周方向、短手方向の違いを下記に整理しました。


下図をみてください。「スラブ」は、普通、長方形です。長い方向を長手方向、短い方向を短手方向といいます。

スラブと長手方向

長手方向、短手方向は、部材に限らず、建物自体にも使います。※例えば、「長手方向のスパンは6.0m」など。


円形の場合、長手方向、短手方向とはいいません。円周方向(周方向)、半径方向といいます。下図に示しました。

円周方向と半径方向

木は、製材にする前は円形です。木は異方性のため、各方向で物性が違います。円周方向、半径方向、繊維方向(材軸方向)に分けて材質が規定されます。

長手方向の読み方

長手方向は、「ながてほうこう」と読みます。周方向、短手方向の読み方も下記に整理しました。

長手方向の反対語

長手方向の反対語は、短手方向ですね。

まとめ

今回は長手方向について説明しました。意味が理解頂けたと思います。長手、短手は建築で良く使う用語です。難しく考えずに、長手方向は「長い方向」と覚えてくださいね。特に、構造設計をする方は、長手方向の意味が理解できないと、スラブなどの計算ができません。長手方向と併せて、スラブの計算も勉強してくださいね。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

・RCスラブの設計 その1

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 長手方向とは?1分でわかる定義、建築での使い方、周方向、短手方向