1. HOME > 構造計算を学ぶ > 梁下とは?1分でわかる意味、読み方、梁下寸法、梁下有効、梁下フカシの意味

梁下とは?1分でわかる意味、読み方、梁下寸法、梁下有効、梁下フカシの意味

梁下は、梁の下端からスラブ上までの高さを意味します。梁下寸法ともいいます。空間として有効に使える寸法は梁下からスラブ上までなので、大切な寸法です。今回は、梁下の意味、読み方、梁下寸法と梁下有効、梁下フカシの意味について説明します。

※梁については下記の記事が参考になります。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

梁下とは?

梁下とは、梁の下端からスラブ上までの寸法です。下図をみてください。これが梁下(梁下寸法)です。

梁下

一般的なマンションは、下図のように梁型(梁の形)がみえます。梁型はないほうが、開放的で部屋を広く使うことが可能です。


梁が大きくなると梁下が狭くなり、所定の天井高を確保するため、階高を大きくする必要があります。※階高、天井高については下記の記事が参考になります。

1分で分かる、階高と構造階高の違いとそれぞれの意味

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法


階高を大きくすると工事費が増えるので、梁下を確保しつつ必要な天井高を確保すると経済的です。

梁下の読み方

梁下は「はりした」と読みます。また、関連用語の読み方を下記に示します。

梁下さえ読めれば、あとは良く知っている言葉ですね。

梁下寸法とは?

梁下寸法は、梁下と同じ意味と考えてください。実務では、両方の言い方をします。個人的には、「梁下」というよりも「梁下寸法」の方が、意味が明確かと思います。


後述する梁下有効と似た意味なので、注意してください。

梁下有効とは?

梁下有効とは、梁下端からスラブ上まで「必ず必要な」高さです。梁下や梁下寸法は、単にその寸法を明示するだけですが、梁下有効と書くだけで、「必ず確保した梁下寸法」という意味になります。倉庫や車庫、屋外駐車場など、「高さがあるものを収容する施設」に使う用語です。


例えば、倉庫に機械を搬入するため、有効5mの寸法が必要とします。5mに対して、梁下寸法が4mだと、機械が搬入できませんね。梁下寸法が有効で5m欲しいなら、梁下有効5mと表現します。


なお、建築で「有効高さ」「有効長さ」は、内法寸法のことです。詳しくは下記の記事が参考になります。

有効長さとは?1分でわかる意味、建築、溶接、梁のたわみと構造

梁下フカシの意味

梁下フカシとは、梁下をふかす(増し打ちすること)です。※フカシの意味については下記の記事が参考になります。

ふかしとは?1分でわかる意味、コンクリート躯体との関係、壁や梁のフカシ


鉄筋コンクリート造の場合、梁と各部材の納まりが悪い場合、フカシます。梁下をふかすので、「梁下フカシ」です。

まとめ

今回は梁下について説明しました。梁下の意味が理解頂けたと思います。梁下の寸法は、天井高、階高の設定に関係します。各寸法の関係を理解してください。下記の関連記事も併せて参考にしてください。

1分で分かる、階高と構造階高の違いとそれぞれの意味

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算を学ぶ > 梁下とは?1分でわかる意味、読み方、梁下寸法、梁下有効、梁下フカシの意味