1. HOME > 構造計算の基礎 > ひずみの単位は?1分でわかる意味、読み方、ε、パーセント、無次元数との関係
スポンサーリンク

ひずみの単位は?1分でわかる意味、読み方、ε、パーセント、無次元数との関係

ひずみの単位は、無次元です。単位がありません。ひずみの公式を思い出してください。部材の変形量(mm)を、部材の元の長さ(mm)で除した値です。分母と分子の値の単位が同じです。よって、ひずみの単位は無次元になります。今回は、ひずみの単位の意味、読み方、ε、パーセント、無次元数との関係について説明します。


ひずみ、無次元数の意味は、下記が参考になります。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力

無次元数とは?1分でわかる意味、単位、種類、無次元量との違い

ひずみの単位は?

ひずみの単位は、無次元です。無次元とは、単位が無いことを意味します。単位が無い値を、無次元数といいます。無次元数の意味は、下記が参考になります。

無次元数とは?1分でわかる意味、単位、種類、無次元量との違い


ひずみの単位が、なぜ無次元になるか、すぐに説明が付きます。下式をみてください。


ε=ΔL÷L


εはひずみ、ΔLは部材の変形量(伸び又は縮み)、Lは部材の元の長さです。ΔLとLの単位は、「mm」や「cm」、「m」などを使います。同じ長さの単位同士で割るので、ひずみの単位が無くなりますよね。


ひずみの意味、計算は下記が参考になります。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力


ひずみを実際に計算しましょう。棒を引張ったときの伸びが1mm、元の長さが2mとします。単位を合わせることを忘れないで下さいね。


ε=1÷2000=0.0005


です。小数点が多いので、パーセント表記することもあります。パーセント表記すると、


ε=0.0005=0.05%


です。パーセントの意味は、下記が参考になります。

百分率とは?1分でわかる意味、割合との違い、少数、分数との関係

ひずみの単位の読み方

ひずみの単位は無次元です。単位を読むことは無いでしょう。ただ、前述したように%表記することもあります。%(パーセント)と読んでください。

ひずみの単位とパーセント、無次元数

前述したように、ひずみの単位は無次元です。小数点で表すとき、「0(ぜろ)」の数が多くなるので、パーセント表記します。パーセントの意味は、下記が参考になります。

百分率とは?1分でわかる意味、割合との違い、少数、分数との関係


無次元数の意味は、下記が参考になります。

無次元数とは?1分でわかる意味、単位、種類、無次元量との違い

まとめ

今回はひずみの単位について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ひずみの単位は無次元数です。パーセント表記することもあります。ひずみの公式、計算式と照らし合わせながら、なぜ無次元数になるか理解しましょう。下記の記事も参考になります。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > ひずみの単位は?1分でわかる意味、読み方、ε、パーセント、無次元数との関係