1. HOME > 構造計算の基礎 > スパンとは何か?

スパンとは何か?

建築業をしていると、度々『スパン』という言葉を聞きます。『ここのスパンを短くできないか?』とか、『スパンが長いから梁せいを大きくしないと持たない!』など。


一方、普通のビジネス用語としても『スパン』を使うかもしれませんね。『このプロジェクトは〇年のスパンで・・・』のように。


では、建築業界で使うスパンとは一体何を意味しているのでしょうか。


スポンサーリンク


スパンとは、柱芯間距離のこと。

スパンとは、柱芯間距離のことです。そう言われても、一般の方にはわかりませんよね。説明していきます。


建物には必ず柱があります。柱とは、鉛直方向に建つ構造部材の1つです。


皆さんの家にも『大黒柱』がありますよね? その柱です。柱は構造部材の中でも重要なものですから、結構な大きさがあります。


例えばマンションや公共建築などは、柱の大きさが500x500mmは当たり前です。建物を支えるためには1本の柱では少なすぎるので、普通、何本も柱が建っています。


建物の設計図は、基本的に中心を抑えるルールがあって、柱と柱の距離も、柱の中心間の距離を考えます。


この、『柱中心と柱中心の間の距離』をスパンと呼んでいるのです。スパンは、特に構造設計で重要な数字で、構造計算を行う時は必ず柱芯間距離を基準にします。


設計図には色々な寸法が描いてあるので混同しやすいですが、私の認識では、通り芯間距離や壁芯距離をスパンとは言いません。


スパンは必ず、『柱中心と柱中心の間の距離』だと覚えておきましょう。


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 剛性率ってなに?剛性率の意味と、建物の耐震性