1. HOME > 構造計算の基礎 > 架構とは?1分でわかる架構の意味、読み方、種類、ラーメン架構

架構とは?1分でわかる架構の意味、読み方、種類、ラーメン架構

架構は、柱と梁で組んだ構造を意味する用語です。柱と梁のラーメン構造をつくるとき、「架構を組む」といういいかたもします。また、架構を単に「構造」ともいいます。今回は、架構の意味、読み方、架構の種類について説明します。

架構とは?

架構とは、柱と梁で組んだ構造を意味する用語です。実務の現場では、頻繁に使う用語です。下図をみてください。これはラーメン構造ですが、単に架構ともいいます。

ラーメン構造と架構


ラーメン構造は柱と梁を剛接合した構造形式です。単に「架構」というときは、ラーメン構造を意味すると考えてよいでしょう。


ただ実務の現場では、厳密に「架構」という用語を使っていません。例えばブレース架構、トラス架構と話す方も多いです。

架構の読み方

架構は「かこう」と読みます。ラーメン架構は「らーめんかこう」です。その他の読み方は特にありません。比較的覚えやすい用語ですね。

架構の種類

前述したように、実務の現場では「架構」という用語を厳密に使っているわけではありません。以上を踏まえて、架構の種類には下記の4つが考えられます。

・ラーメン架構

・ブレース架構

・トラス架構

・アーチ架構


それぞれ説明します。

ラーメン架構

ラーメン架構は、柱と梁を剛接合した構造です。一般に「架構」といえば、ラーメン架構を意味します。ラーメン架構については下記の記事が参考になります。

ラーメン構造物とは

ブレース架構

ブレース架構は、ブレース材による地震力を負担する構造形式です。柱と梁はピン接合にする場合もありますが、柱と梁を剛接合のままブレースを配置するケースもあります。下記の記事が参考になります。

ブレース構造とは何か?

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い

トラス架構

トラス架構は、トラス部材による構造形式です。下記の記事が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

アーチ架構

アーチ架構ということは少ないです。ただ、架構は柱と梁で組んだ構造という意味なので、アーチ梁と柱を架構ともいえます。アーチ架構については下記の記事が参考になります。

アーチの構造と仕組み

まとめ

今回は架構について説明しました。架構の意味、読み方など理解頂けたと思います。実務では頻繁に使う用語なので、覚えておきましょう。ただし、そこまで厳密に覚えなくてもよいですし、頭の片隅にいれておけば十分かとおもいます。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 架構とは?1分でわかる架構の意味、読み方、種類、ラーメン架構