1. HOME > 構造計算の基礎 > 上部構造とは?1分でわかる意味、建築、下部構造との関係、例

上部構造とは?1分でわかる意味、建築、下部構造との関係、例

建築でいう上部構造とは、建物を支える基礎より上にある部分(地上部分)の構造をいいます。地中部の構造を、下部構造といいます。今回は、上部構造の意味、建築との関係、上部構造と下部構造との違い、上部構造の例について説明します。なお、下部構造と似た用語に「基礎構造」があります。基礎構造の意味は、下記の記事が参考になります。

基礎構造とは?1分でわかる意味、種類、設計、耐震性

建築の上部構造とは?

建築でいう上部構造は、地上部の建物の構造をいいます。地中にある基礎などを、下部構造といいます。下図をみてください。上部構造と下部構造を示しました。

上部構造と基礎構造

家は、普段私たちが生活で使う「居住空間」と、1階床より下にある基礎部分に分かれています。


下部構造は地中にあるので、普段の生活で目にすることは無いです。なお、下部構造のことを「基礎構造」ともいいます。基礎構造の意味は、下記の記事が参考になります。

基礎構造とは?1分でわかる意味、種類、設計、耐震性


※なお、住宅の基礎の種類は下記の記事をご参考にしてください。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

上部構造と下部構造の違い

上部構造と下部構造の違いを下記に整理しました。


上部構造 ⇒ 地上部分にある建物の構造。

下部構造 ⇒ 地下部分(地中部分)にある建物の構造。主に、基礎や地中の梁を示す


上部構造は、普段の生活で作用する荷重や、地震の力、台風の力に抵抗します。下部構造も同様ですが、上部構造そのものを支える役割もあります。


上部構造がいくら立派でも、下部構造が貧相では建物が沈下や傾く恐れがあるのです。

上部構造と下部構造の例

上部構造と下部構造の例を下記に示します。


上部構造 ⇒ 柱や梁などの骨組み、架構のこと

下部構造 ⇒ 地中部にある基礎や基礎梁のこと


骨組み、架構の意味は下記の記事が参考になります。

建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

架構とは?1分でわかる架構の意味、読み方、種類、ラーメン架構


基礎、基礎梁の意味は下記の記事が参考になります。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

地中梁と基礎梁の違いと役割について

まとめ

今回は上部構造について説明しました。意味が理解頂けたと思います。上部構造は、地上部分にある建物の構造です。普段の生活で作用する荷重や、地震、台風などに抵抗します。下部構造は、上部構造を支える部分です。上部構造、下部構造の例も理解しましょう。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 上部構造とは?1分でわかる意味、建築、下部構造との関係、例